小説、更新しました!

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです。   今日はロミロミマッサージを受けてきました。そのおかげで気分が良いです(*´▽`*)   さて、随筆か小説か分からなくなってきましたが、「顎とセンスがズレている」更新 … 続きを読む 小説、更新しました!

「人間失格」4度目の正直

小学生の時、文豪の本を読もうと思って「人間失格」を手に取った。親の本棚にあったものだった。 文章が難しくて挫折した。   中学生の時、再び挑戦しようとして1ページ目で挫折した。当時の私には文体が暗すぎるように感じられ、無 … 続きを読む 「人間失格」4度目の正直

書評の違和と客観

音楽でも文学でも、人の書いた書評を見ると 「作者って、本当にそこまで考えてこの作品を書いたのかな」 と疑問に思うことが昔から多かった。 ようやく気づいたけど、書評はただ1つの正しい見方というわけではなく、あくまでも誰かか … 続きを読む 書評の違和と客観

「レンタルさん」読みました!

レンタルさんは長すぎず短すぎず自分の気持ちを表現していて、Twitterの160文字を余すところなく使っているところがものすごい技術だと思っています。

「何もしない」って、やっぱりええな。

出先の町を、ぼんやり犬と散歩する。
見知らぬ景色を眺めながら思ったのは、「持ち物が少ないって、やっぱりいいな」ということだった。
ぼんやりした時間を過ごす。
何もやることがない、あえてないというのも、たまには素敵。

屈折

自分の言葉の選び方って屈折してるな。ということは自覚がある。   屈折を生み出す鏡の正体は恐れである。   「これを直接言ったらヘンな風にとられるだろうな」 と勝手に決めつけてしまって、ストレートに書けば良いかもしれない … 続きを読む 屈折