最新のお知らせ

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

哲学

シリウス人、地球を語る -Michael of Sirius-

いつでも起点は自分

シリウスのミカエル:話している中で、僕はよく「他の人のことはどうでもいい」というような言葉遣いをするけれど、これは無関心とはまた別の次元の話なんだ。 言い換えるなら、「他の人のペースに巻き込まれない」かな。   誰かが困っているからって、...
今日の走り書き -scribbles-

土の上で眠る

道端でスズメが死んでいた。   くすんだ色の土の上に、くすんだ茶色い体が横たわる。 少し小ぶりな痩せたスズメ。 目を閉じて眠っているようでもあった。でも体は横に倒れていて、投げ出された足はいかにも不用心。何の力も入っていない。 だからきっ...
今日の走り書き -scribbles-

先生は完璧じゃない

子どもの頃、学校の先生というものは完璧な生き物だと思っていた。 今思えば、学校というのはそう思わせるように作られた空間なように感じる。   でも、今の結論は真逆だ。 先生は完璧じゃない。 その言葉を、私はポジティブな意味で使っている。  ...
今日の走り書き -scribbles-

最後は人格が問われる

職業、立場、地位に関わらず、最後にその人を支えるのはその人自身の「人徳」「人格」だと思う。 要は人間性。   職業的な技能を身につけるのは簡単で、それは練習すればおおよそ誰でもできるようになること。 メニュー通りの料理を作ること。指示通り...
今日の走り書き -scribbles-

人の世界観に触れる

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです。   いつもの先輩たちと、新しく加わった先輩たち。そういう人たちと話していると、「いつもと違う刺激」を受けます。 自分なりの価値観や、「これから日本はどうなっていくのか」についての考えの、...
今日の走り書き -scribbles-

白い手袋と老紳士

この間、白い手袋をして車を運転する老紳士を見た。   いや、「老」をつけて良いのかどうか分からない。私を追い越していった車に、初老のご夫婦が乗っているのがちらりと見えただけで、私の視線はもっぱら白い手袋に集中していたからだ。   それでも...
今日の走り書き -scribbles-

さびしいひと

他人のことを信用しない。 人を信用することができない。   それはなんだかちょっと、寂しい気がする。 でも「寂しい」という感情的な言葉を入れた時点でこれは主観で、きっと別の見方をする人がいるだろう。   人を信用しないことは、身を守る手段...
今日の走り書き -scribbles-

「欲しい、欲しい!」の真意

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Mercury (皇月ノエル)です。 いろいろなお店で、よく「この○○(おもりゃであることが多い)ほしい!」と泣きわめく子どもと、それと格闘する親の戦いを目撃します。 ...
今日の走り書き -scribbles-

本では学べないことがある

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Mercury (皇月ノエル)です。 頭で知識として理解していることと、体験や「腑に落ちる」瞬間を経て気づくことには違いがある。 今日もそういう感じの記事です。 ...
タイトルとURLをコピーしました