最新のお知らせ

○審査員奨励賞をいただきました!

「第17回星の砂賞」にて、審査員奨励賞を受賞しました。
受賞作はAmazon Kindleにてお読みいただけます。
審査員奨励賞受賞作 「紙の森」
詳細は上のリンクからご覧いただけます。

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!
メルカリさんに繋がります。
アイテムを探しに行く

ミニマリスト

今日の走り書き

ジーンズが足に馴染んだ話

ジーンズを1本だけ持っています。EDWINです。 普段着はスカートが圧倒的に多く、持っているズボンはジーンズと夏用ズボンの2本だけ。 また、新品の硬いジーンズは、動きづらくてあまり好きではありません。 それなのに、なぜEDWINを買ったのか? 一度履き慣れて柔らかくなったら、何にも勝る動きやすいズボンになると思ったからです。
今日の走り書き

「何もしない」って、やっぱりええな。

出先の町を、ぼんやり犬と散歩する。 見知らぬ景色を眺めながら思ったのは、「持ち物が少ないって、やっぱりいいな」ということだった。 ぼんやりした時間を過ごす。 何もやることがない、あえてないというのも、たまには素敵。
本の話

読み時がきた本【トランクひとつのモノで暮らす】

ミニマリストさんの本にハマって次々に読んでいた時期から、ずっと気になっていた一冊です。 私は「僕たちに、もうモノは必要ない」が特にお気に入りだったのですが、著者の佐々木さんの部屋はとってもシンプル。 でもそれにとどまらず、「トランクひとつのもモノ」に持ち物をとどめるって、すごく少ない持ち物で暮らしてるな! という印象でした。
タイトルとURLをコピーしました