最新のお知らせ

○審査員奨励賞をいただきました!

「第17回星の砂賞」にて、審査員奨励賞を受賞しました。
受賞作はAmazon Kindleにてお読みいただけます。
審査員奨励賞受賞作 「紙の森」
詳細は上のリンクからご覧いただけます。

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!
メルカリさんに繋がります。
アイテムを探しに行く

文章を書くこと

万年筆との付き合い方【メリット・使用感・価格まで】

そもそも万年筆を使い始めたきっかけは「かっこいい」から。 小説家には、着物と羽織を着て、キセルをふかしながら万年筆を持つイメージがありました。 タバコはやっていませんが(笑)、万年筆はかっこいい。 せっかくだし使ってみたい! がスタートです。
今日の走り書き

芸術性の充満

先日、縁あってとある高校の卒業制作展を見に行ってきました。 その高校は、「美術・デザイン科」なるものがあるそうで、芸術に特化しているらしい。 しかも卒業制作展の会場は美術館。 一体、どんなすごいものが見られるんだろう? とてもわくわくして美術館に向かいました。
文章を書くこと

書くやる気をかき立ててくれる本たち【おすすめの本紹介】

やる気がなくなった時 こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです。 自力だけでは、書くやる気が起きない時というのも、もちろんあります。 そういう時、対処法の1つとして「本を読む」というのがあります。 人によっては、音楽や映画でも良い...
工作・ハンドメイド

刺繍看板が完成しました!【手縫い刺繍のハンドメイド】

また、キャッチコピーである「手縫い刺繍のメッセージ」について。 これは、私の商品の中に「Happy Birthday」とか「Thank you」と書かれたメッセージフレームがあることから取りました。 ああいう、文字情報でメッセージを伝えられる刺繍もメイン作品の1つとして販売していければと思っています。
文章を書くこと

感情をスローモーションにする

私が小説を書く上で、避けて通れない描写があります。 感情の表現です。 怒り、悲しみ、喜び、という言葉ではまだ足りない。 そして、それは感情の上っ面を撫でたにすぎず、もっと深い心の部分まで表現しきるには、「喜び」という言葉を使わずに「喜んでいる」ことを表現することが必要だと気づいたのです。
FINAL FANTASY13

ワンネスと個性は両立する【FINAL FANTASY13】

ライトニングたちのバトルシーンを観察していると、スピリチュアルな気づきさえ得られます。 FF13は偉大。 いずれ、全員が全部のロールを使える最強データを作りあげたいです。
本の話

自分の行動に「言葉」を与えてくれる本【書ける人になる!】

ナタリーさんは詩人であり、創作クラスで大勢に「文章の書き方」を教えているといいます。 最初にこの本を読み始めた時、私はナタリーさんが詩人であることを知りませんでした。 でも文章の随所で「すごく詩的な表現をする人だな」とは感じていたし、それが文章に生命力と分かりやすさを与えています。
FINAL FANTASY13

キャラクターの魅力を語り尽くしたい【FINAL FANTASY13】

今日はキャラクター特化版です。FF13のメインキャラクターは6人。 でも、「お前もメインとして出てきてくれよ……!」と叫びたくなるくらい、魅力的なキャラクターが大勢います。 私はメインキャラクターそれぞれに好きなところがあります。ちなみにサブキャラクターでは、イケメンなシド・レインズが大好きです。
FINAL FANTASY13

自分の精神的成長が分かるゲーム【FINAL FANTASY13】

新発売された当時、私はまだ中学生でした。 当時から良さは理解しているつもりでしたが、20代に入り、いろいろな経験を積んでからやるこのゲーム、良さが1000倍盛りくらいされている! と、いうよりも、良さのほんの少しの部分しか気づけていなかった。 というわけで改めて、FF13の良さを人に広めたくなりました!
本の話

読むと、本が読みたくなる本【人生で大切なことは、すべて書店で買える】

図書カードは、「もらうと、本が読みたくなる」。 この本は「読むと、本が読みたくなる」。 著者おすすめの本がいくつも載っていて、どこから読みはじめたら楽しそうか見当がつけられるのも魅力の1つだと思います。
タイトルとURLをコピーしました