お知らせ

ブログ引越し中です

改名に伴い、ブログをnoteへお引越しすることになりました。
noteを読みに行く
当ブログに掲載中の記事も順次お引越ししていく予定ですので、ぜひnoteの方も楽しんでいただけますと嬉しいです。

モノコン2021に挑戦中!

「monogatary.com」というサイトでコンテストに挑戦しています。
作品を読んでくださることが応援になります。
読んで応援していただけると嬉しいです!
挑戦中の作品
Virtual Space
を読みに行く

ノンフィクション -nonfiction-

ノンフィクション -nonfiction-

時代を超えて残るものに強い心で向き合うには【『職業は専業画家』読後感想】

こんにちは。皇月ノエルです。   モノトーンで迫力ある背表紙に惹かれて手に取った本。 福井安紀さんの著書『職業は専業画家』(誠文堂新光社)を拝読しました。 思い出さずにはいられない本 私は絵画はからきしで、特に日本画は社会科で習う以上の...
ノンフィクション -nonfiction-

クリエイティブな研究者から教わる、新しい未来の可能性とは【『ネオ・ヒューマン』読後感想】

こんにちは。皇月ノエルです。   Amazonのおすすめに出てきた本に興味を引かれ、読んでみることにしました。 それがピーター・スコット-モーガン著『ネオ・ヒューマン 究極の自由を得る未来』(原題:Peter 2.0: The Human...
ノンフィクション -nonfiction-

災いの中で見つけたポジティブと、飲食店の本質【『シェフたちのコロナ禍』感想】

こんにちは。皇月ノエルです。 シンプルな表紙に心惹かれて手に取った井川直子さん著『シェフたちのコロナ禍』(文藝春秋)。 去年4月ごろから飲食店オーナーたちに取材をし、考えていたことや休業/業態変更/変化しない等の選択の理由などを聞いてい...
ノンフィクション -nonfiction-

人はなぜ山に登るのか?【田部井淳子著『それでもわたしは山に登る』読後感想】

こんにちは。皇月ノエルです。 【きっかけ】疑似的登山家になる どちらかというと、私は明らかにインドア派。 登山の経験はほぼなく、小5の野外活動で泉ヶ岳に登ったくらい。 そんな私が「登山」という未知の世界に興味を持つきっかけになったのは、T...
ノンフィクション -nonfiction-

世界を「本当の意味」で平和にするために、何を教われば良いのか【『スリー・カップス・オブ・ティー』読後感想】

この本はこんな人におすすめです! 目標を達成する勇気がほしい イスラム教圏の文化や暮らしをライトに知りたい 異国の暮らし方に興味がある 衝撃の実話!アメリカ人男性が起こした奇跡 こんにちは。皇月ノエルです。   のめりこむように読んだ...
ノンフィクション -nonfiction-

繊細さんが外の世界と繋がる勇気【花田菜々子さん著『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』】

こんにちは。皇月ノエルです。   先日、タイトルに惹かれて手に取ったこの本を読了。 花田菜々子さん著『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』(河出書房新社) タイトルから内容から、とっても...
ノンフィクション -nonfiction-

家の中で豊かな時間を【『英国ロックダウン100日日記』】

こんにちは。皇月ノエルです。   2020年春、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、世界のいくつかの都市では「ロックダウン」が実行されました。 そして、日本はロックダウンしませんでした。   ロックダウンするって、生活がどう変わるんだろ...
ノンフィクション -nonfiction-

「死」の前で何を感じるか【三島由紀夫と川端康成】

こんにちは。皇月ノエルです。   先日、ある方からいただいた本を読みました。 「三島由紀夫 石原慎太郎 全対話」という対話集です。 取り上げられる話題は様々で、対話なら自然なことかもしれませんが、次々に移り変わっていきます。 文学、文章...
ノンフィクション -nonfiction-

自分の状態を客観的に理解できる本【『その後の不自由 「嵐」のあとを生きる人たち』】

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。 先日、上岡陽江さん+大嶋栄子さん著『その後の不自由 「嵐」のあとを生きる人たち』(シリーズ ケアをひらく)を読みました。 アルコール・薬物等の依存がある人たちが、依存から抜け始めた後に直...
ノンフィクション -nonfiction-

まだ変革に間に合う【イギリスと日本】

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。 先日、面白い新書を読みました。 森嶋通夫先生の著書「イギリスと日本 ―その教育と経済―」という本です。 初版は77年という歴史ある本ですが、現代でも読む価値は充分にあります。 むしろ、読...
タイトルとURLをコピーしました