お知らせ

ブログ引越し中です

改名に伴い、ブログをnoteへお引越しすることになりました。
noteを読みに行く
当ブログに掲載中の記事も順次お引越ししていく予定ですので、ぜひnoteの方も楽しんでいただけますと嬉しいです。

モノコン2021に挑戦中!

「monogatary.com」というサイトでコンテストに挑戦しています。
作品を読んでくださることが応援になります。
読んで応援していただけると嬉しいです!
挑戦中の作品
Virtual Space
を読みに行く

チョコレートは、つまり酒

ブログ -BLOG-
Image by Free-Photos from Pixabay

友人たちとの飲み会で、偶然にもチョコレートの話題が出た。

私は大のチョコ好きである。

何がきっかけだったかはもう記憶にないが、中学生の頃から20代前半の現在まで、1日1枚の板チョコを欠かさない。

部活を終えて帰宅すると、まずは冷蔵庫から板チョコを取り出して平らげる。1日1枚。

気がかりがあってイライラしていたり、落ち着けなかったりする日は2枚3枚と食べることもある。

この習慣は高校になっても、卒業してからも変わることなく、未だに続いている。

 

ある時それが、お酒をたしなむ人の晩酌に似ていると気づいた。

帰宅して、まずは一杯。時にはツマミと共にもう一杯、あるいは1日1瓶(?)。

良いことがあった日のご褒美や、やけ酒でいつもより量が増えることもある。お酒が気持ちの安定と報酬となって頑張れる……。

私の板チョコも同じ気持ちだ。

 

私はすぐ具合が悪くなるからお酒を飲まない人だが、チョコレートと飲酒の共通点に気づいてからは、飲酒の話題にそれとなくついていけるようになった。

つまりは、「ご褒美酒」「ヤケ酒」等の飲酒習慣を、全部チョコレートに変換して聞くのである。まったくついていけなかった話題が、急に共感しきりのものに変わるから不思議だ。

 

人に理解してもらえることは少ないし、説明しても釈然としない顔のままでいられることは多いが、共感できないはずの話題に共感できるおもしろさを、私はひとりで楽しんでいる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました