お知らせ

○TRPGシナリオ&小説を同時発売!「プロジェクト狼煙火」進行中!

新クトゥルフ神話TRPGシナリオと、シナリオの小説版の同時発売を目指し執筆&勉強中。
進捗はコチラのページで随時報告しています。

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

メルカリにて、刺繍作品を販売中です!
アイテムを探しに行く

過去の文章に同調できなくなってしまった話【初稿(清書)はそのままとっておいた方が良いと思う】

文章を書くこと
Image by Steve Buissinne from Pixabay

こんにちは。皇月ノエルです。

 

原稿を直そうとした時の悲劇

過去の作品を直し、直し。

修正を繰り返してきた作品があります。

ずっと手元に置いておくのも難なので、そろそろ電子書籍にでもしようかな?

じゃあ、改めて気になっているところを修正していこう!

 

そう思って再び原稿を開いた時、愕然としました。

自分のエネルギーが変わってしまった。

同調できない!

実はこの事実は、以前から薄々感じていたことでもありました。

けれどさらに時間が経ったことによって、より顕著になったというだけのことです。

 

私は過去作のエネルギーに同調できなくなっていました。

 

確かに、当時より文章は上手くなったかもしれない。

描写も上手くなったかもしれない。(当社比)

でも、作品の中で表現したかったこととか、乗せて書いていた感情が、数年間の経験を経て変質してしまっている。

手元に残っているデータは私がここ数年で修正を重ねてきたもの。

手元にある手書きの原稿は、初稿が完成する前の下書き。

 

最初に戻ろうと思っても、その「最初」はもうどこにも存在していないのです。

 

拙い描写とセリフの中には、最初のエネルギーが含まれていたはずなのに……。

できることなら、あの初稿を今の描写力で直したい……。

 

叶わないことを願いつつ、しょうがないので初稿のさらに下書きから、ストーリーを再構成することに決めました。

これは長い作業になるぞ……。

 

そして教訓。

初稿のデータはとっておいて、修正を加えるならコピーデータにすべし。

コピーを修正していって、初稿はこれから絶対にとっておこう。

 

固く心に誓いました。

 

関連:物書きさんにおすすめの本たち

「小説の書き方」とは、いわば語学の文法のようなもの。

これを読んだからといって文章が型にハマったり、いっきにつまらなくなるようなことはないのだと、ここ数年でようやく気付くことができました。

そこで、個人的におすすめの本をピックアップ。

誰かの参考になれば嬉しいです。

目的を持って本を読むこと【小説の書き方 おすすめの本も紹介】
同じ本を繰り返し読むこんにちは。皇月ノエルです。少し前から、文章を書くために必要な本を熱心に読むようになりました。例えば、個人的に良かったのが以下の3冊。三宅隆太さん著『スクリプトドクターの脚本教室・中級篇』(新書館)なぜ中級...

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました