お知らせ

ブログ引越し中です

改名に伴い、ブログをnoteへお引越しすることになりました。
noteを読みに行く
当ブログに掲載中の記事も順次お引越ししていく予定ですので、ぜひnoteの方も楽しんでいただけますと嬉しいです。

モノコン2021に挑戦中!

「monogatary.com」というサイトでコンテストに挑戦しています。
作品を読んでくださることが応援になります。
読んで応援していただけると嬉しいです!
挑戦中の作品
Virtual Space
を読みに行く

キャラクターの視点に立って考えるためのきっかけ【繊細さん流小説の書き方】

文章を書くこと
Image by Mabel Amber from Pixabay

こんにちは。皇月ノエルです。

 

最近、YouTubeでTRPGの配信をよく観ています。

(TRPGが何なのかについては、本題からずれるので省略します! 調べるといろいろ情報が出てくるよ!)

シナリオごとにいろいろな世界観があり、様々な感情が呼び起こされる……。

それが構成の勉強になるな、と思い観はじめたのですが、別の発見を得ることもできました。

 

キャラクターの視点に立つ、ということです。

 

TRPGでは、ハンドアウト(HO)やダイスの出目によって、プレイヤーキャラクター(PC)の見た目や能力を決める様子。

キャラクター決めは自由度が高く、男性が女性キャラを演じること、またその逆も可能です。

(そして、男性演じるかわいい女子キャラがまた良き)

シナリオによっては、思想や信条を特に問われる内容のものもあります。

 

上記の気づきを得たのは、動画でTRPGを楽しんでいた時、休憩中の雑談にさしかかった時のこと。

配信者さんの1人が、

「ここ調べに行きたいけど、○○(配信者さんのPC)は行かなそうなんだよなー」

と言ったのです。

その言葉にはっとさせられました。

 

これまでにも何度か書いてきているように、私は自分と他者の境界線を引くのが苦手。

それは、自分の小説のキャラクターに対してもあてはまります。

↓関連記事は以下からどうぞ

痛みに共感しすぎることと、距離を保つことの話
友人の痛そうな話こんにちは。皇月ノエルです。 先日、友人たちと話している時にこんなことがありました。友人(仮にAとします)は手術を受けたそうで、その時のことに話題が及びます。話に聞くだけでもとっても痛そうなのに、なんと部分麻酔だ...
創作キャラクターと自分の境界線【繊細さん流小説の書き方】
こんにちは。皇月ノエルです。 自分の心から生まれてきたキャラクターは、可愛いし、大事。だから親みたいな心で、「末永く幸せに暮らしてほしい」と願ってしまいます。 けれど、それでは「面白い小説」を書くことはできない。主人公には絶え...

これまでは自分と他者(キャラクター)との境界線が曖昧だから、物語の中で、キャラクターたちがどう動くだろう? と考える時にも、無意識のうちに

「自分だったら、どうするか?」

という視点で考えてしまっていたのです。

 

「自分は自分、キャラクターはキャラクター」

という考え方には、以前も触れたことはありました。

けれど、「知っている」だけで「身についている」ではなかったようで(;´∀`)

 

今回の気づきによって、「知っているだけだった知識」を「身についた視点」に昇華することができました。

 

 

Thnak you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました