お知らせ

ブログ引越し中です

改名に伴い、ブログをnoteへお引越しすることになりました。
noteを読みに行く
当ブログに掲載中の記事も順次お引越ししていく予定ですので、ぜひnoteの方も楽しんでいただけますと嬉しいです。

モノコン2021に挑戦中!

「monogatary.com」というサイトでコンテストに挑戦しています。
作品を読んでくださることが応援になります。
読んで応援していただけると嬉しいです!
挑戦中の作品
Virtual Space
を読みに行く

左利き用万年筆のその後【シュナイダー「ベース」万年筆の使用感について】

文章を書くこと

こんにちは。皇月ノエルです。

 

先日、人生で初めて左利き用の万年筆というものを購入してみました。

 

購入のきっかけは、「これいいよ」と紹介してもらったこと。

詳しいいきさつは以下の記事をどうぞ。

紹介された左利き用万年筆がめっちゃ合う!話
こんにちは。皇月ノエルです。インクが出ない!原稿を書く時、万年筆を愛用しています。ちゃんと手入れをすれば、ひとつのものが長く使えるということと、「モノを大切に育てる」ことに魅力を感じて使い始めたのが始まり。↓私の万年筆遍歴は、下の...

 

さて、この万年筆を購入してから、そろそろ2ヶ月が経とうとしています。

原稿を書く時に使っているのですが……。

とっても良いです!

 

感想1 ペン本体について

ペンの太さと書き心地

ペンの太さはMサイズ(中字)ですが、そこまで太過ぎるわけではなく。

私個人の感覚ですが、「カクノ」の中字より細く、しなやかな書き心地に感じます。

(「カクノ」は、私が初めて買った万年筆。

本屋さん、雑貨屋さんなど幅広い場所で売られていて、価格も万年筆の中ではかなりお手頃。

「万年筆を使ってみたいけど、自分のライフスタイルや筆圧に合うか分からない」

「いきなり高いものを買う勇気はない」という方も、気軽に試せるのでおすすめです)

 

 

話をシュナイダーに戻します。

 

さすが左利き用というだけあって、書いている途中にインクが途切れたことは一度もありません。

感動。

熱い場面に差し掛かり、筆記スピードが上がっても、インクが途切れずしっかりついてきてくれます。

 

左利きでも、万年筆のなめらかな書き心地を経験することができるのか……!

使い始めの時は、感動と喜びのあまりニヤニヤしてしまいました(変人)

感想2 インクについて

インクの色合い(濃さ)

この万年筆はカートリッジ式ということで、併せてカートリッジも購入して使っています。

私が使っているのは、黒。(「ミッドナイトブルー」という名前の、素敵な色もあるようです)

字が太目のこともあり、PILOT「GRANCE」と比べると、ややインクの色が濃いように見えます。

これは使う人の好みが出るところかもしれません。

ちなみに今回比較しているパイロット製の「GRANCE」は、私が5年程度愛用している万年筆です。

これは右利き用ですが、左手で書いてもそれほど違和感なく使うことができています。

「GRANCE」にも黒いインクを入れて使っているので、色合いの違いが雰囲気だけでも伝わるのではないでしょうか。

 

本体に予備のカートリッジを収納しておける!

シュナイダー、優秀!

本体の中に、予備のカートリッジをひとつ収納しておくことができます。

外出先でインクがなくなって大変! ということもなし。

安心して持ち歩けますね。

 

一度、「よし、書くぞ!」って意気込んで外出し、開始10分でインクが切れた経験をしているので、「予備を入れておける」というのは本当に嬉しい機能です。

予期していなかった、ありがたい機能。ますますシュナイダーが好きになります。

これからも大切に使っていくぞ!

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました