お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

メルカリにて、刺繍作品を販売中です!
アイテムを探しに行く

描写できるのは見ているものの一部でしかない

文章を書くこと
Image by Michal Jarmoluk from Pixabay

圧倒的描写力の限界

こんにちは。皇月ノエルです。

 

幻想作家と呼ばれる、レイ・ブラッドベリが大好きです。

個人的に彼の作品の魅力だと思っているのは、圧倒的に描写力

まるでお伽話のような、けれども近未来的で無機質な……。

ふわふわしていて、冷たい。相反する触感を表現できることに、及ばない能力の違い(段階、あるいは方向性)を感じるのです。

特に気に入っている一節を引用しておきます。

そのあたりにはありとあらゆる時間が息づいていた。

(中略)

この町が美しいこと、まばらな街灯や古めかしい煉瓦が美しいことを、二人はいま初めて感じ、みずからひらいたこの祝宴の美しさに目を見張った。何もかもが夜の回転木馬の上をただよい、時折あちこちから音楽の一ふしが浮かびあがり、……

(火星年代記 232ページより抜粋)

「回転木馬」などというメルヘンな単語が登場する一方、このふたりは未来の機械を使って、夜中の空を飛び回っているのです。しかも翌朝には、ロケットに乗って火星へ飛び立ちます。

時は現在でも過去でもなく、2020年の人類がまだ実現していない未来。

それなのにこの文章からは、言い得ぬ不思議で甘い感じが伝わってきます。

 

こういう文章に出会うと、私はしばし自分のペースを忘れてしまいそうになります。

先達たちの文章があまりに素晴らしすぎて、今つづっている自分の文章など、取るに足らないものに思えてしまうのです。

 

けれどしばらく燃え尽きて、他の本もあれこれ読んで……。自分のペースを取り戻そうとしていると、別の事実にも気づきます。

 

どんなに言葉を尽くしても、文章で伝えられるのは、作者が見ているもののほんの一部に過ぎないということです。

 

私は本を読んでいる時、場面の情景が映画のように頭に浮かんでくるタイプ。

本は映画と同義です。

ですが、ちょっと読書中の自分を客観視してみると、ある面白いことに気づきます。

頭に浮かぶ情景を綺麗なもの、圧倒的なものにしているのは、私の想像力だということです。

 

作者さんの数だけ、文章の書き方(スタイル)があります。

レイ・ブラッドベリのように幻想的な書き方をする人もいれば、

「○○は××した」と、外見的な行動を淡々と書いていくタイプの人もいる。

「どんな」という詳細には触れず、ただ「モスク」と場所を説明する人も。

 

最低限、ねじれや読みづらさのない文章を書いていれば、あとのことは読み手にゆだねられているのかもしれません。

私は「モスク」と読むだけで、青いタイルに取り巻かれた、不思議で静謐な空間を思い描いてしまいます。

そこを進んでいく主人公の姿が、青っぽく美麗に想像できるのです。

「○○は軽く舌打ちして~」と書いてあるだけでも、舌打ちした音や、キャラクターの無愛想な顔を思い浮かべることができます。

 

逆に、冗長な文章が苦手な人は、「夜に回転木馬なんか浮かんでるわけないだろ」で一蹴してしまうかもしれないのです。

 

これに気づいた時、薄い壁をまた一枚通り過ぎたような気がしました。

 

言葉を尽くすのは、大切。

作者が見ているもの、思い描いた物語を伝えようとすることも、大切。

けれど、どのように伝わるか、どれくらいの美しさをもって伝わるのかは、読み手の内面次第なのではないか。

どうやっても、作者は読み手の内面に直接切り込んでいくことはできない。

相手の受け取り方をコントロールすることはできない。

ただ、できる限りの言葉を尽くす努力をするだけ。

 

同時に、作者は世界を見る目をすげかえることもできません。

レイ・ブラッドベリの描写が好きだからって、一瞬でレイの目を手に入れることはできないのです。

レイのような文章は書けるようになるかもしれませんが、どう頑張っても本人になることはできない。

完全に同じ感性を持つことはほとんど不可能。

 

それがまた、文章の面白さ、魅力なのかもしれませんね。

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

 

 

関連:レイ・ブラッドベリについて書いた記事たち

QUEENの「'39」と併せて読みたい「火星年代記」
こんにちは。皇月ノエルです。 QUEENのギタリスト、ブライアン・メイの楽曲「’39」。曲の考察については諸説あるでしょうが、私個人としては、「地球環境が破壊されたため、人類が新しく住める惑星を探しにいく旅の歌」と捉えています。詳...
いけ好かない主人公なのに、応援せざるを得ない不思議【山田悠介著『俺の残機を投下します』私的感想】
こんにちは。皇月ノエルです。 最初に本屋で見かけてからというもの、タイトルと表紙に魅かれて「絶対読みたい!」と思っていた本。それこそが、山田悠介さん著『俺の残機を投下します』(河出書房出版)です。先日ついに購入し、熱中して読み切...
女性がしんどいと男性もしんどい【『侍女の物語』ネタバレあり感想】
マーガレット・アトウッド著「侍女の物語」(早川書房)を読みました。これまでいくつかのディストピア小説を読んできましたが、これまでのものとは一線を画す、新鮮で面白い作品。(もちろん、名作と言われる作品のどれもが新鮮に感じられることは言う...

コメント

タイトルとURLをコピーしました