お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

自分と友達になるということ

生き方の話 -Life Styles-
Image by 5311692 from Pixabay

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

困ったこと、決めなければならないことが出てきた時、自分のこととなると厳しい判断を下しがちです。

「でも、これはさすがに自分を甘やかしている気がする……」とか、
「でも、みんなはこれで頑張っているんだろうし」とか。

きっと自動思考が根強いのでしょう。

 

再びそんな状況に陥った時、ふとTwitterで見かけた優しい言葉を思い出し、発想の転換をはかることにしました。

 

もし、大事な友達が私と同じことで悩んでいたら……なんてアドバイスするだろう?

 

そこで、この問題に悩んでいるのが自分ではなく、友達だったら……と考えてみることにしました。

 

まさか自分に投げかけた厳しい言葉を、友達にかけるはずもありません。

想像上の友達にアドバイスしてみたところ、自分に向けるのとは全く違う、優しい答えが出てきました。

 

どうして友達には優しくできるのに、自分には厳しくしてしまうのでしょうか。

 

ともかく、ちょっとした「もしも」の想像で、自分がどうすべきか、大事にする条件は何なのかについて再確認することができました。

 

 

今までないがしろにしていた自分を見つめ直し、大切にするために、「自分と結婚する」「自分と友達になる」という表現をすることがあります。

今回の事は、「自分と友達になる」ための、第一歩だったのかな、と思っています。

 

いずれ、特に意識しなくても自分に優しくできるようになるといいですね。

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました