お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

メルカリにて、刺繍作品を販売中です!
アイテムを探しに行く

親へのトラウマを相談できる人【ずんずんさんのカウンセリングにお世話になった話】

生き方の話 -Life Styles-
Image by Chuck Underwood from Pixabay

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

ここ数ヶ月間、ある方のカウンセリングを受けていました。

ホームページ「毒親.net」を運営する、カウンセラーのずんずんさんです。

↓ずんずんさんのホームページ。
Twitterアカウントもお持ちです。

毒親.net
毒親育ちが幸せになるためのブログ

 

↓カウンセリングの詳細はこちらから

カウンセリング、オンライン相談概要 | 毒親.net
※※2020/07/02~新規相談の受付を停止しております。※※ 毒親関連はもちろん、今の気持ち、状況、悩み、辛かった話、質問、仕事のこと育児のことなどなど。何でもご相談ください。お一人で抱え込まず、素直な気持ちを打ち明けてみませんか?相談者様のお気持ちを第一に考え、親身になってご相談にのらせていただきます。毒親育ち同...

カウンセリングを受けてみて、私の感想はシンプルで大きな一言。

ずんずんさん、めっちゃ良い人です!

特に、こんな人におすすめできます。

  • 子どもの頃にトラウマがある
  • 親に言われた言葉で傷ついた
  • ずっと心にひっかかっていることがある

などなど。

ホームページの名前通り、ずんずんさんも毒親育ちの一人。

たくさんの辛い経験をされたそうです。

私はずんずんさんの体験談を拝読して、「この人にぜひ相談したい!」とカウンセリングへの申し込みを決めました。

ずんずんさんをおススメする理由

1, 親からのトラウマに共感してくれる

以前、こんな切ない話を読んだことがあります。
(うろ覚えですが、要点はこんな感じ)

「ワラにもすがる思いで、無料の電話相談に電話したのに……。『そんなに気にすることじゃない』と言われただけだった」

「『愛情のない親なんていないよ』と励まされた。愛情を受けて育ってきた人には、虐待受けて育った人の気持ちは根本的に分からないんだろうな」

私は「誰かのカウンセリングを受けて、助言をもらいたい」と思った時、上の話を思い出しました。

せっかく勇気を出して相談するのだから、真摯に話を聞いてくれる人がいい。

そこで行きついたのが、ずんずんさんのホームページ。

ずんずんさんの経験を読んで、「この人なら信頼できる!」と感じました。

ホームページには、ずんずんさんの経験がまっすぐに書かれています。

誰かの体験談を読んで、相手に親近感を覚えることってありますよね。

しっかりとずんずんさんのお人柄を知った上で、カウンセリングを受けるかどうか決めることができるのです。

2, カウンセリングの手段が選べる!

カウンセリングをどうやって受けるか? 選ぶことが可能です。

私はLINEトーク (文章のみ) と、LINE音声通話でのカウンセリングを希望しました。

もちろん、対面でのセッションも可能だそうです。

 

私の場合。

カウンセリングということで、個人的で、デリケートな話題にも触れることが予想されました。

口頭で全部を伝えようとすると、泣きだしてしまって話が進まなくなるかも……と思い、最初は文面でのやりとりを希望したのです。

文章なら書き慣れているし、送る前に推敲もできます。

私に合った方法でした。

そうしてカウンセリングが進む中、ずんずんさんへの信頼がますます深まり。

「そろそろ、スムーズに話せるかも」と思い、途中からLINE通話に変更をお願いしたのです。

もちろん、電話が苦手な人は、ずっとLINEトークでも可能だと思います。
(私も電話は苦手です。お気持ちお察しします)

お近くにお住まいの方、やっぱりフェイス・トゥ・フェイスでしょ! という人は、対面も良いのではないでしょうか。

自分の苦手や、その時の状態によってカウンセリングの手段を選ぶことができる。

それが心理的ハードルを下げることに役立っています。

3, 強い売り込みがない

私がカウンセラーさんを選ぶうえで、2番目に気にしていたことでもあります。

ゴリゴリくる人っていますよね。
「次も申し込むでしょ? ね? ね?」みたいなオーラを出してくる人。

ずんずんさんは、そういう人じゃないです。

だから安心して申し込むことができます。

初回お試し相談なる素敵なシステムが用意されていますので、気軽に申し込み、雰囲気を感じることも可能。

断ることが苦手な方にも親切な仕組みを用意してくださっています。

カウンセリングレポ【※皇月の体験談】

ここからは、軽く私がどういうカウンセリングを受けたのか?レポ的に書いてみたいと思います。

私が初回お試し相談を利用したのは、今年の4月のこと。

そこから4回ほどで一区切りつき、一旦「お世話になりました!」とご挨拶するところに行きました。

初回 悩みごとのシェアと、アプローチ方法の選定

私は、初回はLINEトークでのやりとりを希望しました。

ちなみにカウンセリング当日より前に、メールにて「どんなことを相談したいですか?」という感じのことを聞かれます。

そこに書いた悩みの内容を、詳しく聞いてもらう感じです。

前述の通り、黙々と書けて、送る前に推敲できるのが文章の良いところ。

比較的 冷静に自分の悩みごとを送ることができました。

丁寧なカウンセリングの結果、ずんずんさんから薦められたのは「認知行動療法」。

それって、どういう療法なの? と思われた方、ご安心ください。

ずんずんさんが丁寧に説明してくれます。

補足:認知行動療法を 人から教わることに価値がある!

ちなみに、書店に行けば「認知行動療法」について書かれた書籍は手に入ります。

が、あえて自分一人で済ませようとしないことに、価値があるのではないでしょうか。

本で分かるから……ではなく、あえて人の手を借りることで、認知行動療法の効果がアップするのでは、と感じています。

「自己反省」「自分を見つめ直す」という言葉があるように、本当は誰かの手を借りなくても、自分の心を整理することは可能です。

けれど心が落ちこんでいる時、体調が悪い時、それが上手くできないことがあります。

思考が堂々巡りに終始したり、ネガティブなことしか考えられなくなったり……。

そういう時、できることの選択肢に「人に助けてもらう」があると思うのです。

心のどこかで分かっているけれど、自信を持てない考え。

それを自分以外の人が口にすると、一気に説得力が増すように感じること、ありませんか。

例えば「親が好きになれない……。でも、親を尊敬できないなんて間違ってる」と思っている時。
誰かが「親を嫌いでもいい!」と言っているのを聞いて、心が「ほっ」とする。

「そうか、親を嫌いでもいいんだ。自分の感じたことは間違っていなかったんだ」と思えますよね。

私は自分に対して、そういう効果を狙いました。

あとこれは個人的ですが、私は本を読んだだけで満足してしまう時があります。

つまり、怠惰なところもあるのです(;´∀`)。

あえて自分以外の人に「認知行動療法ってこういうことですよ」と教えてもらうことで、より深い理解と、ちゃんとした実践をやろうとしたのです。

カウンセリングの性格上、「継続お願いします」と言うと「次までにこれをやってきてくださいね」と宿題が出ます。

私にとって、それも良い効果を発揮しました。

2回目 事前チェックと、気がかりの書き出し

約1か月後に行われた2回目のカウンセリングでは、事前チェックとしていくつかのテストと、気がかりの書き出しを行いました。

テストは決して難しい内容のものではありません。

体調チェックのようなものです。

 

気がかりの書き出しは時間内にやりきれず、「宿題」として次回までに出してくることに。

私は以下のようなことを書きだしました。

  • 食事を残すことに罪悪感を覚える
  • 同席する人より食べるペースが遅いと焦ってしまう
  • 仕事、進路など、真面目系の話をするとき過度に緊張する
  • 通知、電話、上司からの呼び出しが苦手
  • 父親に話しかけられると、過去のトラウマが頭をよぎって緊張する

3回目 さらなる掘り下げ

2回目のカウンセリングで書きだしたことを、さらに詳しく掘り下げていきます。

実は、書きだした気がかりをさらに項目分けしていくのですが、この工程がとても有用。

漠然とした悩みだったものが、解決できそうな課題に変身するのです。

実体のないものだからこそ恐ろしく見えた、とでも言いましょうか。

さらにもう1つの効果もあります。

これまで半自動的に流れていた思考も、項目にあてはめて考えられるようになるのです。

つまり、思考がネガティブに陥って収集つかなくなることが減ります。

まず、「なんか不安な気持ち。ああ、○○が気にかかってるんだ」と気付けるようになります。

そして、「これは認知行動療法の項目になぞらえると、●番の感じ方だな。」
「じゃあ、この気がかりのもとになっている価値観はなんだろう?」

という風に、内観することが上手くなっていくのです。

4回目 リラクゼーション法と、おしゃべり(笑)。

3回目と4回目の間が少し開いたこともあり、私も大分テンションと体調が回復してきました。

セッションの最初に「話したいことはありますか? 解決したいことはありますか?」と聞いてもらえるのですが。

今回は半分が私のおしゃべりと軽い相談、残りの半分がずんずんさんからのレクチャー、という感じでした(笑)。

4回目はLINE通話でのやりとりになったのですが、「声に張りが出てきた」と回復を指摘してもらえました。

私のおしゃべりでは仕事の相談に乗ってもらったり、病院通いの話をしたり。

もはや人生相談の域に入りそう(笑)。

ずんずんさんも適宜ご自身の体験を交えてお話しくださるので、説得力のあるお話を聞くことができるのです。

 

もしずんずんさんからの指摘がなければ、私が気分障害と診断されることもなく……。

毎月変動する機嫌に、今でも振り回されていたかもしれません。
(かなり良くなりました!)

 

最後に、ストレスを感じた時にリラックスする方法として、呼吸法を教わりました。

これにて、一旦セッションは終了。

「また何かあったら相談させてください」とお礼を言って通話を切りました。

悩むと欝々としていく。信頼できる人に相談を!

今回のことで、大切なことが分かりました。

1人で悩み続けていると、欝々としていくということです。

もちろん、なんでも人に相談すれば良いというわけではありません。

自分で結論を出すべきことは、自分の直感と決断力で決めていった方が良い。
そうでないと流されるだけの人生になってしまいます。

けれど、すべてのことに自分ひとりで答えを出せるわけではない、とも思う。

だからこそ適度に人に助けてもらうことで、ぐちゃぐちゃだった悩みに一定の方向性を作り出すことができるのです。

ずんずんさんは、そのお手伝いをしてくれました。

  • 子どもの頃、親に言われたこと、されたことが心から離れない。
  • でも、誰に相談すれば良いか分からない。
  • 共感してくれる人なんているのかな。

そんな風に思っている人に、ぜひともずんずんさんのことを知ってほしいと思っています。

きっと親身に話を聞いてくれます。

「話してみたいな」と思ったら、気軽にホームページを覗いてみてください。

毒親.net
毒親育ちが幸せになるためのブログ

↓カウンセリングの概要

カウンセリング、オンライン相談概要 | 毒親.net
※※2020/07/02~新規相談の受付を停止しております。※※ 毒親関連はもちろん、今の気持ち、状況、悩み、辛かった話、質問、仕事のこと育児のことなどなど。何でもご相談ください。お一人で抱え込まず、素直な気持ちを打ち明けてみませんか?相談者様のお気持ちを第一に考え、親身になってご相談にのらせていただきます。毒親育ち同...

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました