お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

「十字街」でムタと出会える意味とは【ジブリ「猫の恩返し」をスピ考察!】

ジブリ作品 -Ghibli-
十字街の旗。

なぜ十字街でなければならない?

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

ハルは謎の声に導かれ、十字街で「白い大きな猫」を探すことになります。

この「白い大きな猫」こそがムタであり、彼が猫の事務所へと連れて行ってくれました。

ムタはいつも、十字街にあるテラスカフェの椅子で昼寝をしている様子です。

その見た目は、普通の猫 (まあちょっと太ってるけど……) と変わりません。

なぜ、ムタと出会うには十字街でなければいけなかったのでしょうか。

言葉の意味から考察していきます。

「十字街」の言葉の意味を考察!

ハルが「白い大きな猫」を探しに十字街で出向く時、「十字街」と描かれた旗が映るカットがあります。

十字街の旗。

旗にも書かれている通り、「十字街」は英語に直すと「cross road (クロスロード)」となるようです。

ここに、十字街がムタと出会う場所になる理由が隠されていると思います。

英語圏では、「十字架」のことも「cross (クロス)」と呼びます。
そこから、「十字街」を「クロスロード」と呼ぶことには違和感がありません。

ですが、「cross」という英単語には、もう1つ意味があるのです。

それこそが「交差」

「cross road」は通りの名前であると同時に、「交差する道」という意味でもあるのです。

 

バロンは猫の事務所があるミニチュアの町を、「君たちが生きる世界とは、少しだけズレた場所」と説明しています。

つまりあそこは、ハルの生きる現実と隣り合わせに存在する、不思議な世界ということになります。

 

ハルが生きる「普通の世界」と、ムタやバロンが生きる「ちょっとズレた世界」。

この2つが交差する場所、という意味が込められているのではないでしょうか?

必ず世界が「交差する」とは限らない

ところが、十字街を歩いたからといって、必ず不思議な世界に潜り込めるわけではありません。

そのことは、物語のクライマックスでも表れています。

ひろみと一緒に十字街を歩くハルは、ムタが昼寝をしている前を通りかかります。

ハル&ひろみがムタの前を通り過ぎるところ。

ところが、ハルはムタに声をかけずに通り過ぎてしまいます。

歩調を緩める気配もなく、ムタの存在に気付いているのかいないのか、映像から判断することはできません。

積極的に関わり合うわけでもなく、必要な時に繋がれるよう、隣り合わせに存在している。

ハルの現実とバロンたちの世界は、そんな関係性なのかもしれません。

車の運転に当てはめても、似たようなことが言えるのではないでしょうか。

道路には無数の交差点が存在します。
そして、交差点の通行には多大な危険が伴っています。

何しろ、違う方向に走る車が代わる代わる通る場所なのですから。
重大事故のリスクも大きな道路の筆頭です。

ところが信号無視でもしない限り、大きな事故は滅多に起こることがない。

それは、信号機やドライバーの合意によって、交通規則が守られているからです。

もしかすると、ハルの世界とバロンたちの世界にも「規則」のようなものがあって、積極的に関わりすぎないことが了解されているのでしょうか?

断絶するでもなく、混ざりあうでもなく、距離感を保って同じ世界を共有する。

あの通りに「十字街」と名前を付けた人は、バロンたちの世界の存在を知っていた人かもしれない……。

そんな想像を巡らせてみるのも、面白いかもしれません。

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました