お知らせ

○最新作『ハナビシソウ』「夜遊びコンテストvol.3」に挑戦中!

1月29日に、最新作「ハナビシソウ」を公開しました!
閲覧は無料です。コチラからどうぞ!
「夜遊びコンテストvol.3 withめざましテレビ」に挑戦しています。
読んでいただくこと、コメント・スタンプをいただくことが応援になります。
サポートしていただけると嬉しいです!

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

メルカリにて、刺繍作品を販売中です!
アイテムを探しに行く

本は薬

本の話 -books-
Image by BrickRedBard from Pixabay

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

 

本って、いろんな意味で薬だと思う。

読んでポジティブなメッセージを受け取ることができる。

鏡みたいに反射して、自分を見つめ直すことができる。

本の中に眠る、「別の誰かの人生を疑似体験する」という魅惑。

ページをめくる感触の幸せ。

紙擦れの音。

 

同時に、本は麻薬的だ。

でも、摂りすぎるからって悪いものではない、と思う。

私は「今、読む本がないな」と気付くと、途端に新しい「まだ見ぬ本」のことで頭がいっぱいになってしまう。

「本がない」という事実が、新しい面白そうな本に向かわせる。

本棚に、中身を知らない本がないこと。

「読みたい!」と切望するものがないこと。

目が紙の上の文字を追っていないこと。

手に紙片の感触がないこと。

本を読んでいないという欠乏が押し寄せて、とにかく未知の本を探しに出かけなければ! と使命感さえ覚える。

それが、次の本を探す原動力になる。

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました