お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

ステイ・ホーム加速中【経過報告や思うことなど】

走り書き -scribbles-
Image by Pexels from Pixabay

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

世間では緊急事態宣言も解除に向かい、少しずつ「いつもの日常」が取り戻されようとしているようです。

対する私は、ますます「ステイ・ホーム」を加速させています。

なぜかというと、今が私にとっての「心の急用が必要な時期」だと思うからです。

 

人と会うことは良い刺激や、情熱を呼び起こすきっかけを作ってくれたりします。

けれど同時に、私にとっては、とてもエネルギーを使うし疲れるイベントにもなりうるのです。

毎日毎日どこかへ出かけて行って、誰かに会って話をする。
人のざわめきの中にいる。

誰とも話さなくても、気を張りつめて、神経をすり減らしてしまいます。

 

ちょっと前までは、それが駄目なこと……とまではいかなくても、どちらかというと陰キャの特性というか、あまり褒められた特性ではないのかなと思っていたのですが。

最近はこれも自分の長所の1つとして数え始めています。

ひとりでいるということは、物事を静かに深く考えること。

集団を離れてひとりになりたい時があったって良いし、そういう時は無理をして周りに合わせる必要もない。

気張った末に自分の具合が悪くなったら、消耗したエネルギーを回復するためにもっとたくさんの時間をかけなければならなくなるからです。

人と楽しみたい時は外に出て楽しめば良いし、
ひとりでこもる期間があっても良いと思う。

幸い、現代はしばらく家にこもっていたって、外との繋がりを保つことができます。

ゆるやかな繋がりです。

ある意味、昔よりも、「出たい時に外へ出て、のんびりしたい時にはひとりでいる」ということが、やりやすくなったのかもしれません。

 

しばらくは、小説と、刺繍と、ピアノ。
それからやりたい趣味や勉強をのんびり家で。

心をICUに入れるようなこの期間が、自分にどれだけ必要か分かりません。

でも「休みたい」と心の底から思っている今は、素直に休んでみようと思っています。

たぶんエネルギーが溜まって具合が良くなったら、情熱が外に向いて「出かけたい」「これをやりたい」とアイデアが出てくるようになるのでしょう。

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました