最新のお知らせ

○審査員奨励賞をいただきました!

「第17回星の砂賞」にて、審査員奨励賞を受賞しました。
受賞作はAmazon Kindleにてお読みいただけます。
審査員奨励賞受賞作 「紙の森」
詳細は上のリンクからご覧いただけます。

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!
メルカリさんに繋がります。
アイテムを探しに行く

アダマンタイマイのゆくえ【ライトニングリターンズ小ネタ】

FINAL FANTASY13
アダマンタイマイの骨

こんにちは!スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

FF13シリーズで、最大級の大きさを誇るモンスターがいます。

長い牙が特徴の、「アダマンタイマイ」です。

「FF13」のアルカキルティ大平原ではあちこちを歩いていましたが、あれから1000年後。
「ライトニングリターンズ」の世界では、彼らの絶滅が判明します。

アダマンタイマイの骨

砂漠「デッド・デューン」で初めてアダマンタイマイの骨のそばを通る時、ホープからの通信で判明する話です。

混沌の浸食で食糧難に陥った人類は、生き延びるために魔物たちの乱獲を行いました。

その結果、アダマンタイマイは地上から姿を消してしまったというのです。

余談ですが、「アダマンタイマイは美味である」ことが、「FF13-2」でノエルのセリフから分かっています。

 

さて、デッド・デューンに落ちている(寝ている?)アダマンちゃんの骨は2体です。

1体は全身が揃っているようですが、2体目は頭部がありません

実は、このアダマンの頭部は別の場所で発見することができるのです。

ちょっとユスナーンに行ってみましょう。

 

ユスナーンの闘技場で視点を上げてみると……。

 

飾られるアダマンタイマイの骨

なんと、闘技場の門を飾っているではありませんか!

アダマンの骨は頭部だけでも巨大なはずですが、誰かがここまで運んだのでしょう。

現在は門の飾りとして、新たな人生(?)を歩んでいるようです。

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました