お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

気分が変わるという「救い」【気分障害の近況】

ブログ -BLOG-
Bernhard MülhensによるPixabayからの画像

焦燥に駆られて気が変になりそうになる時がよくある。

疲れで無気力になり、何もしたくない気分になっているとき。

「何もしたくない気分が、このまま一生続くんじゃないかな……」

そんな錯覚に襲われるのだ。

永遠に何もしたくない気分でいるなんて、さすがに困る。

気分に鞭打ってなんとか頑張らなくては。

そう思って、気分が乗らない時も無理に動き回ろうとしてきた。

でも最近は、もう少し自分のことが分かってきた。

気分が、とにかく本当によく変わる。

「何もしたくない1日だったな」と思って布団に入ると、次の日にはやる気に満ち満ちていたりする。

つまりは、落ち込みも無気力も、実際に「永遠に続く」なんてことは起こらないのだ。

私は昨日の気分を今日に持ち越すことができないけれど、そのおかげでマイナス思考から脱することができているんだと、最近、気づいた。

思考が下向きになった時にも、「でも、これは今日の気分。明日になればやる気が出てるかもしれないし」と思えるのだ。

とはいえ明日はまた気が変わって、「今日と明日の気分が180度違うなんて面倒」だとか言っているかもしれないが……(苦笑)

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました