お知らせ

ブログ引越し中です

改名に伴い、ブログをnoteへお引越しすることになりました。
noteを読みに行く
当ブログに掲載中の記事も順次お引越ししていく予定ですので、ぜひnoteの方も楽しんでいただけますと嬉しいです。

モノコン2021に挑戦中!

「monogatary.com」というサイトでコンテストに挑戦しています。
作品を読んでくださることが応援になります。
読んで応援していただけると嬉しいです!
挑戦中の作品
Virtual Space
を読みに行く

学ぶ本、味わう本

本の話 -books-
PezibearによるPixabayからの画像

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

珍しく、ある人のエッセイを買って読んでいました。

エッセイの魅力は、心をゆるやかにしてくれることだと思っています。

ゆるやかな気持ちにさせてもらえるのには、もちろん著者さんの文章が持つエネルギーも関係しているのでしょう。

著者さんがゆるやかな気持ちで、ゆるやかな文章を書けば、それを読んだ人もゆるやかになれる気がします。

加えて、私にとってはより個人的な要因もあったかもしれません。
それはこの本を、純粋に楽しむために買ったという動機です。

 

世の中には、2種類の本があるのではないかと思っています。

何かを学ぼうとして手に取る本と、ただ楽しみのために趣味として読む本です。

得たい何かがある時と、娯楽を求めている時。
同じ本屋に行って同じ売り場を歩いても、目に入ってくるタイトルは違います。

それに、勉強のために買った本から必ず有意義なことを得られるわけではないかもしれないし、娯楽のためと思ってゆるやかな気持ちで買った本から、結果的に大切なメッセージを受け取ることもあります。

私は楽しむためにエッセイを買いました。

記されたゆるやかな文章を、急がず、一句一句味わうように読んでいくと、著者さんの目を借りて知らない町を歩いているような気分にさせられます。

読み終えてしまうのが惜しくて、ケチるように少しずつ、少しずつ読みました。

結局、いつかページは「あとがき」に辿りついてしまうんですけれど……。

 

余韻も味わい尽くしてしばらく経ったら、きっとまた読み返したくなるのでしょう。

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました