お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

よるはポジティブ

走り書き -scribbles-
Kiên TrịnhによるPixabayからの画像

ご飯食べて、お風呂入って、歯みがき。

寝る準備が整っていくほど、なぜか気分が上向きになる。

創作意欲さえ湧いてくる。

もっとも私は夜型ではないので、すぐに眠くなってしまうのだけれど。

それでも部屋に引き取って、眠くなるまで、書く。

いちばん筆が進む時間。

昼間はあんなにネガティブだったのに。

「もう上手い文章なんて書けないんじゃないか」って思っていたのに。

不思議だ。

周りが休もうとしているのを見ると、逆に活動的になる。

夜の静かな空気。流れる空気それ自体が、静けさを保っている。

自分だけの世界と錯覚する。少なくとも家内で活動的なのは、私だけ。

なんでなんだろう。

 

 

調べてみたら、「夜になるとポジティブになる」人は一定数存在しているらしい。

この現象について書いているサイトがいくつか出てきた。

夜は、人が休む時間。

電話も、仕事の話も、やらなきゃいけないことも、明日までお休み。

「私」の時間。

それが安心材料の1つなんだろうか。

明日まで、しばらくお休み。

夜が永くなればいいのにな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました