お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

考え事が多すぎて眠れない

生き方の話 -Life Styles-
Alexas_FotosによるPixabayからの画像

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

突然ですが、安眠してますか?

寝つきの良さだけの話をしたら、私は昼寝と称して明るい時間に寝る方が、スッと眠りに入れて快適なことが多いです。

夜、しっかりと布団に入って寝ようとすると、非常に時間がかかります。
むしろ、段々と目が冴えてくる。

頭が考え事でいっぱいになってしまうのです。

「刺激は内側からもやってくる」というエレイン・アーロン博士の一文を目にした時は、あまりに的確に自分の状態を言語化してくれているので、びっくりしました。

まさにその通り。

部屋は暗くて静か。家の外も静か。

ざわついてくるのは自分の思考のみです。
これが、改造エンジン並みの音量です。

その日の会話を振り返って「もっと良い言い方があったんじゃないか」
「相手の気に障っていなかったかな?」

失敗を1つ思い出すと、過去の似たような失敗体験がいくつも浮かび上がってきて、
「今なら、ああいう時はこう言い返すのに」
「あの場でああ言えば良かった」

他に自分の行動を振り返り、
「あの時、こう振る舞っていたら……」
「もし違う相槌を打っていたら」
と、まるでループモノの作品のようにいくつもパターンを考えたり。

転じて思考が未来に向くと、
「次の発表の場では、こんな風に喋ろうか」と何パターンかのリハーサルをしたり、
「明日はまずこれをやって、あれをやって」と順序付けをしてしまったり。

 

そうこうしている間に目が冴えて、とてもじゃないけれど寝る気分ではなくなってしまうのです。

時には自分の考えに没頭しすぎて、まだ布団の中にいることにびっくりしたりします。
想像の中ではすっかり活動的なので、現実の体が布団に収まっていることをしばし忘れているのです。

一時期は寝る時に、タイマー式で音楽をかけたりもしていました。
人によっては、これで落ち着いて眠ることができるようです。

でも私はメロディーや伴奏を耳で追ってしまうし、曲順を覚えて時間経過の目安にしてしまうし……。

かといってランダム設定にすると、「次はどの曲が流れるんだろう」と1曲終わるたびにどきどきしてしまって、あまり役に立ちませんでした。

対応に困っているところです。

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました