お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

毎日同じ時間に出かけたくない

ブログ -BLOG-
Free-PhotosによるPixabayからの画像

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

昨日に引き続き、感じ方の話。

私は毎日同じ時間に、同じ場所に出向くことが苦手です。

学校とか、職場とか。

学校に関しては、特に嫌なことがあったわけではなく。
むしろ、行ったら行ったで楽しいのです。

でも、朝の出かける時間は非常に億劫。

 

どうやら、毎日同じくらいの時間に出かけなければならないというのが、自分には向いていなかったようだと思っています。

その日その日によって、体調って違いますよね?

朝起きた時の気分も、朝何を食べたいと思うかも、その瞬間に「やりたい」と思ったことも違う。

特に目が覚めて「これがやりたいな」と思いついたら、それに従いたい派なのです。

小説を書くことかもしれないし、絵を描くことかもしれない。
今は刺繍もそれに入ります。

でも、学校や職場に行く時間は決まっていて、それまでに朝の身支度などを済ませなければならない。

なんだか時間に縛られているような気がしてくる。

うわあ、自分のペースで動きたいよお。

と思うのですね。

 

逆に、始業時間が遅かったりして、余裕をもって朝の時間を過ごせるなら、どちらかというとすっきりした気分で外出できます。

あるいは、外出の用事が時々だったり、時間が違ったりとか。

外に出かけてお洒落なお店を覗いたりするのは好きなので、出かけること自体は嫌いではないのです。

ただ、頻度が上がると猛烈に引きこもりたくなってきます。
実際のある・なしに関わらず、自分の時間がとれていないような気になるのです。

 

最近は朝起きてから、本当に自分の好きなことをして過ごしています。

気分が向いた日は刺繍スタート。
他の日は小説スタート。
服を縫っている日も時々。
朝早く出かける予定がある「珍しい日」は、目が覚めた時から出かける気分になれるような嬉しい予定なので、早めに犬と散歩に出たりと時間に間に合うように動けています。

でも決まった予定がない日は、朝ごはんを挟んでゆるゆる朝の時間を過ごしているうちに、6時だったはずの時計が9時とか10時とかをさしていることも。

その時は「時間を無駄にしたんじゃないか」という気持ちにも一瞬駆られるのですが、振り返ると刺繍は進んでいるし、案外ムダなわけでもなく。

 

自分のペースをつかみ始めているのかなと感じています(^_^)

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました