最新のお知らせ

○審査員奨励賞をいただきました!

「第17回星の砂賞」にて、拙著「紙の森」が審査員奨励賞を受賞しました。
受賞作はAmazon Kindleにてお読みいただけます
Amazon内で「皇月ノエル」と検索いただくか、
こちらをクリックして詳細をご覧ください。

○弾いてみた動画 公開中♪

「ボヘミアンラプソディ弾いてみた」動画を公開しています。
ピアノで紡ぐボラプをご堪能ください。
曲を聞いてみる

でも、今分からなくても良いんだよー【アナ雪2 ネタバレありのスピリチュアル考察】

アナと雪の女王

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

アナ雪2は、かなりスピリチュアル色が前面に押し出されていて、
なじみのない人には難しいのでは……。と強く感じました。

・エルサにだけ聞こえる声
・魔法の力で、声に害意のないことが分かる
・精霊の存在
・神話のようなアトハラン
・精霊と共存する世界

などなど、もし現実世界に起こったら

「声が聞こえる? 幻聴じゃね? 病院いけよwww」

とか言われちゃいそうなことが取り上げられています。

 

 

チャネリング、目に見えない存在と話す事が普通になっている人にとっては、自然と受け入れられることかもしれませんね。

 

ストーリーの内容がなんとなく分かった人にも、まだ子どもだからよく分からなかった人にも、オラフがポジティブなメッセージをずっと送っていました。

 

「難しい話だから分からなくても良いんだよ。
大人になったら分かるのかなー」

 

オラフが「年を取る、変わるってこわい」とティーンエイジャーのようなことを言ったり、
子どもたちの遊び相手になりながら
「若い者と触れ合うのはいいね」
みたいなことを言ったり、

いちばん大人なのは、ある意味オラフかもしれません。

 

 

 

ひとまず、アナ雪2の考察はこれにて終了です!

思いついたらまた書きます。

また、「この場面はどう思っていますか?」など、もしご意見をいただけるならば、それに応えていろいろ書いていきたいなとも思っているので、

思ったことなどあればぜひコメントにてお知らせいただけるととっても嬉しいです。

 

それでは、今日はこのへんで。

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました