最新のお知らせ

○審査員奨励賞をいただきました!

「第17回星の砂賞」にて、拙著「紙の森」が審査員奨励賞を受賞しました。
受賞作はAmazon Kindleにてお読みいただけます
Amazon内で「皇月ノエル」と検索いただくか、
こちらをクリックして詳細をご覧ください。

○弾いてみた動画 公開中♪

「ボヘミアンラプソディ弾いてみた」動画を公開しています。
ピアノで紡ぐボラプをご堪能ください。
曲を聞いてみる

声は精霊の導き【アナと雪の女王2 ネタバレありのスピリチュアル考察】

アナと雪の女王

こんにちは。スピリチュアル作家の皇月ノエルです。

 

予告編でも語られている通り、「アナ雪2」ではエルサが耳にする声が主題の1つです。

この声については話したいことが2つほどあります。
順に見ていきましょう。

 

 

声は進むべき道を知らせている

テーマソング “Into the Unknown” では、エルサと「声」の掛け合いともとれる場面がちらほら。

特に印象的なのが、2番のこの歌詞の部分。

Are you here to distract me so I make a big mistake?

意訳すると、「あなたがここにいて私の気を散らすせいで、私が大きな失敗をすることにならない?」というような意味。

 

実は、この直前に至るまで話しかけ続けていた声が、ここでは一切発言しません。

 

実は天使や精霊、そして亡くなった人と会話しようとする時に、これはよく起こることです。

人によって感じ取り方の違いはありますが、精霊の中には「Yes」か「沈黙」で答える者もいるのです。

 

声はエルサを旅に誘いますが、「あなたのせいで失敗するの?」と尋ねられると沈黙する。

つまり、声に従いなさい。大丈夫だから。ということですね。

 

結果から振り返ると、エルサはこの声に従って旅に出たことにより、自分が本当に居心地よくいられる場所を見つけました。

声に従うことは、エルサにとって正しかったのです。
声は行くべき方向を示していたのでした。

 

 

実はこの「声」がアナ雪1にも登場している⁉

アナ雪1で、エルサが王国を凍らせてしまう場面。

フィヨルド全体に氷が広がっていく俯瞰シーンの時、あの「声」に似た高音ボイスが聞こえます。

この時、いえそのずっと前から、すでに精霊の采配は始まっていたのかもしれませんね。

 

 

 

明日の考察へ続く!

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました