お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

ペットとの縁、何を伝えようとしている?

シリウス人、地球を語る -Michael of Sirius-

私:ミカエル。今日は特にペットのことについて教えて。
ペットはどうして病気になったり、アレルギーになったりするの?

 

シリウスのミカエル:
まず、ペットと呼ばれている「家族」たちについての前提として。
彼らは君たちそれぞれの家にやってくること、そして家族の一員となることを事前に了承してきている。
人間の子どもが生まれてくるプロセスと同じだね。

なぜ彼らが今回、犬、猫、その他人間ではない体の形を選んでやってきたのかというと、君たちが体の形が違う種族に対する理解を深めるためなんだ。その手助けをするためなんだよ。

ペットたちは人と同じ言葉を話すことが難しいので、視線や表情、しぐさを使ってコミュニケーションするよね。
人間はそれを見て、「今日も元気だな」とか「嬉しそう」とか、時には「具合が悪いのかな?」と気を配ったりする。それが相手を気遣う心とか、相手をよく見る練習になっているんだ。

犬や猫の形を選ぶ子たちの中には、とても人間に似た態度をとる子もいるよね。
彼らはかなりの確率で、次の人生では愛情深い人間になることを選ぶ。

 

そんな彼らが病気になったり、アレルギーを抱えたりするのは、程度の差はあれど周りの人に何かを伝えるためだよ。
でも勿論、ペット自身にも課題やカルマのようなものは存在するので、自分の課題を解消するための病気もありうる。

ペットは飼い主の鏡だよ。
犬や猫を気遣うのと同じように、自分のことも大切にしてほしいと彼らが伝えていることがある。
状況とかによって事情は様々だけれどね。

 

 

私:人間の中には犬猫を虐待するような人もいるけど、そういう話題については?

 

 

シリウスのミカエル:
中世ヨーロッパの哲学者みたいに、「動物には分からないだろう」と考える人たちもいるね。

ここで言っておこう。「動物」と呼ばれている彼らは、良くも悪くも君たちを見ているよ。

君たちが今日した心優しいこと、苛立った些細なこと、怒りを感じたこと、悔しかったこと。

それらは全部彼らに伝わっている。彼らはそれをエネルギー的に読み取る。
だから隠し事はできない。

 

だからこそ、彼らは君に共感してくれる。
「分かっているよ」と目で伝えようとする。
時にはそのまっすぐな目が、まっすぐすぎて「痛い」と感じてしまうかもしれない。

その時、まるで鏡を打ち砕くように、荒々しい力に走ってしまうこともあるかもしれない。

でも鏡を壊しても、君自身はいなくならない。
遅かれ早かれ、自分と向き合わなければならない時がくる。
彼らは何度も何度も君の前に現れて、そっと大切なことに気づかせようとするだろう。

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました