お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

屈折

ブログ -BLOG-

自分の言葉の選び方って屈折してるな。ということは自覚がある。

 

屈折を生み出す鏡の正体は恐れである。

 

「これを直接言ったらヘンな風にとられるだろうな」

と勝手に決めつけてしまって、ストレートに書けば良いかもしれないことを捻じ曲げてしまうクセがあるのだ。

 

これは文語でも口語でも起こる。しゃべっている時は考えることとしゃべることがほとんど同時進行することが求められるので、捻じ曲げ具合をよく間違える。

文語では考えすぎたあまり、呟かなかった言葉が数知れない。

 

いろんな人のいろんな活躍を目にして、「もっとオープンにしても良いのかな」と思い始めているこの頃。
これからはもう少しストレートな言葉を届けられるようになりたいな。

 

……と、書いているそばから照れ臭くなってくるので、やっぱり性格ねじ曲がってるかもしれない。

そもそも「まっすぐな性格」ってなんだよ、分かりづらいな(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました