最新のお知らせ

○審査員奨励賞をいただきました!

「第17回星の砂賞」にて、審査員奨励賞を受賞しました。
受賞作はAmazon Kindleにてお読みいただけます。
審査員奨励賞受賞作 「紙の森」
詳細は上のリンクからご覧いただけます。

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!
メルカリさんに繋がります。
アイテムを探しに行く

いつでも起点は自分

シリウス人、地球を語る

シリウスのミカエル:
話している中で、僕はよく「他の人のことはどうでもいい」というような言葉遣いをするけれど、これは無関心とはまた別の次元の話なんだ。

言い換えるなら、「他の人のペースに巻き込まれない」かな。

 

誰かが困っているからって、自分も同じ状況に転がり落ちる必要はないよね。
共感というのは一緒に沼に沈んでいくことじゃなくて、その時、適切だと思う道具 (例えば、浮き輪とかロープとか) を使って、その人を助けてあげることだ。

道具は、必ずしもモノだとは限らないよ。もちろん。

 

そしてこの時、
「自分で掴める? 握り方から教えてあげようか?」と過剰な親切をはたらくのが、相手の力をも奪ってしまう「憐れみ」で、
自分が投げたロープを相手が掴んでくれる、その力が相手にあるということを信頼しているのが、共感した↑で、必要な手助けをするということなんだ。

 

相手に過剰な心配をかけると、相手も自分も疲れてしまうよ。
自分は自分のところにいないとね。

 

 

私:そんな達観した精神状態まで行くには、どうしたら良いの?

 

 

シリウスのミカエル:
自分に正直でいること。
自分の考え方や感じ方と向き合えば向き合うほど、感覚が洗練されてくる。

嫌なことをやり続けて自分をいじめていると、感覚が鈍って周りの人のことも大事にできなくなるよ。
人によっては「いやだ」と声に出して誰かに言うことが、ものすごく勇気のいることかもしれないけどね。

そうやって自分を大切にしていると、他人からの過剰な依存を必要としなくなる。

無理して周りの注目を集めなくても、自分に自信が持てるようになるからだ。

その時、「憐れみ」が消えて共感が生まれる。憐れみが共感に進化する。

 

 

 

来週の対話へつづく!

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました