シリウス人とパートナーシップ

(前回は、服装の話から「シリウスにも舞踏会ごっこ的なイベントがある」という話題へ。そこからの続きです。)

私:じゃあじゃあ、ミカエルはどういう人と一緒に舞踏会に行くの? 彼女?
ていうか、そもそもミカエルに彼女や奥さんはいるの? 
(女友達のいそうな雰囲気はあるけど、彼女って感じじゃないなぁ……)

 

シリウスのミカエル:
僕にはパートナー(男性)が一人いるよ。彼はまだあまり表へ出たがっていないから、詳しいことは話さないけれど。彼は海辺に行って魚と話をするのが好きなんだ。

 

私:(予想外の返答にびっくりしている)
偏見のある質問にとられたら失礼なんだけど、シリウスでは同性愛者について、地球みたいな議論があったりしないの?

 

シリウスのミカエル:
ないね。男が女を、女が男を好きにならなくちゃいけないという考え方は窮屈だ。
みんな根本的なところではお互いを知っているから、友情としての「好き」と、恋愛的な「好き」の間にあまり差がないんだよ。みんな大切な家族なんだ。
子どもの問題(話題)に関してもそうで、男性同士のカップルに育てられるという経験をしてみたいという理由で、縁が繋がる家族もあるよ。誰が生んだかは重要ではないんだ。
生みの親と育ての親というより、「一緒に暮らしている」という意識が強いんだよ。前にも書いた通り、子どもは周りにいるみんなで育てるものだからね。

 

私:おおー。そうなんだぁ。

 

 

パートナーシップについて、さらに来週の対話へ続く

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメントを残す Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください