最新のお知らせ

○審査員奨励賞をいただきました!

「第17回星の砂賞」にて、拙著「紙の森」が審査員奨励賞を受賞しました。
受賞作はAmazon Kindleにてお読みいただけます
Amazon内で「皇月ノエル」と検索いただくか、
こちらをクリックして詳細をご覧ください。

○弾いてみた動画 公開中♪

「ボヘミアンラプソディ弾いてみた」動画を公開しています。
ピアノで紡ぐボラプをご堪能ください。
曲を聞いてみる

シリウス人のファッション

シリウス人、地球を語る

私:ミカエル。今日はパートナーシップ (恋愛的な意味で) とか、ファッションのことについて教えてもらいたいな。

 

シリウスのミカエル:
じゃあファッションからいこうか。僕たちは地球の人たちほど服装や「どんな格好をするか」ということにこだわらないよ。
地球では服装も相手の個性を見極める材料になりうるけれど、僕たちはオーラを通じて相手のことが全部分かるから、服装に頼る必要が無いんだ。

(補足:ミカエルは、いつもシンプルな赤っぽいTシャツと動きやすいそうなズボンを履いているイメージがあります)

 

私:でもシリウスでも、ある程度は服装で出る個性みたいなものがあるんじゃないの?

 

シリウスのミカエル:
そうだね。フェミニンな印象の人がスカートを履いていたりすることはあるかな。軽くてふわふわした感じの。
でも地球にあるような豪華なドレスとか軍服とか、重々しいものを着ている人はあんまりいないよ。体を締めつけすぎず動きやすいことが重要なんだ。
誰かが、地球で言う「舞踏会」のようなものを開きたくなった時は、もちろん雰囲気のある恰好で参加するよ。女性たちは自分のオーラの色をしたドレスを着るんだ。オーラがそのままドレスになったような軽いもので、すぐに服を変えることができる。燕尾服のテールの部分はひらひらしてて、僕も好きだね。

(補足:舞踏会といえどもかっちりした集まりではなく、イメージするならば「舞踏会ごっこ」。集まりたい人が集まって楽しくやる感じ。)

 

 

来週の対話へつづく☆

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました