お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

加害者もまた被害者であるかもしれない

ブログ -BLOG-

事件の加害者を責めるのは簡単。

誰かの考えを「異常」だと決めつけるのは簡単。

 

でもそこから一歩進んでみたら、もっと別の景色が見えてくることがあるかもしれない。

 

なぜ、そんな考えを持つようになったんだろう。

なぜ、そこまで追い詰められてしまったんだろう。

 

 

人を殺そうと思うほど。

自分を殺そうと思うほど。

 

屋上から見る景色はどんなだろう。裸足で踏むコンクリートの柵は。

握った包丁の感触。その時、逡巡が残っていはしなかったか。

 

自分が同じくらいの絶望感に立たされたら、自分は一体どんなことをしでかすだろうか。

 

 

「異常な人の凶行」とか「疎外感を抱いていた」という見方は簡単で、でもそこには「あの人と自分」という境界線が否めなくて。

分かろうとしなければ相手は「異常な他人」だけれど、人間の精神の奥底には必ず狂気が眠っている。

 

狂気は「狂気」として表出することもあれば、「芸術性」に昇華されたり、人に何かを伝える原動力になったりすることもある。
荒々しい形だけが表現方法じゃないのだ。

 

じゃあ数ある中で、どうして荒々しい形を選ぶに至ったのか?

もし自分が同じ立場ならどうしたか。

 

離れるよりも歩み寄る方が、時には難しいかもしれない。
でも「異常な狂気」が自分の中にも眠っていると自覚するだけで、世界の見方は驚くほど変わる。

 

自分で表現方法を選べるのなら、私たちはどうやってその「狂気」を使って行けば良いんだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました