お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

ロジャーの好きなとこ

QUEEN

ロジャーの好きなとこでまず思いつくのは、やっぱりドラムがすごく上手いところですかね。

QUEENの曲を聞き慣れてから他の曲を聞くとなんとなくドラムに耳が集中して、なんだか単調に聞こえたりするものもあり。
(時代によらずドラムの上手い人はたくさんいる)

そもそも私はドラムを叩けないし打楽器向きでもないので、一定のリズムを保ちながら一曲叩けるだけでまずすごいスキルを持ってると思います。

 

そして、作詞すると素直さが伝わってくる内容なことが多くて、内面は繊細なのかもしれないなと思わされるところも素敵です。


“Radio Gaga” も、

“These Are The Days Of Our Lives” も、実はロジャーの作であるところからますます愛情が深まります。

 

あとは、映画の影響か無愛想でちょっと荒れてる印象だったけど、笑顔になると急に可愛くなるのでみんなに広めたい!


特に “One Vision Extended” のMVでは、ロジャーのにっこり顔がたくさん収録されているので、ぜひともぜひともいろんな人に見てほしい。

ちなみに曲自体(特に間奏のドラム)もかっこよくて、私の中では1、2を争うほどのお気に入りです。

フライドチキンを食べながら、平和について考える【QUEEN "One Vision"を和訳&スピ考察】
QUEENのアルバム「A Kind of Magic」の1曲目を飾る「One Vision」。 個人的には間奏のドラムがお気に入りですが、良さはそれだけじゃない。 今回は歌詞に着目して、考察を深めていければと思います。

 

あとは、車への愛情が深いところかな!

映画の中でも話題に上がっていましたが、 “I’m Love in My Car”を聴くとロジャーは本当に車が好きなんだなということがひしひし伝わります。

 

映画の中では「歌詞が弱い」と言われていたあの曲ですが……。
曲がつくと一瞬で立派な「ロック」に変わるから、サウンドって偉大です。

 

MVの中ではロックな曲にピアノを利かすフレディ、大量のシンバルを叩きこなすロジャーなどなど、かっこいいショットも見られます。



 

 

 

明日はささやかですが、ジョン・ディーコン(ディーキー)について語ります。

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました