「令和」によせて

私:ミカエル、日本では新しい時代「令和」が始まったけど、どんなエネルギーを持った時代になっていくのか、ミカエルの所感があれば教えて。

 

シリウスのミカエル:
「慣例」について見直される時代になると思うよ。慣例の長さは、歴史の長さでは決まらない。「なぜ、その慣例や伝統があるのか?」が本当は大事なんだ。

(補足:
慣例の形「何かをしてもらったら、ありがとうと言う」ではなく、「ありがとうとは、有ることが難しいという意味である」ことを知っていると、本当に心から「ありがたい」と思った時に、自然と、気持ちの伝わる「ありがとう」が出る。
大事なのは「ありがとう」という言葉を口に出すことではなく、そこにどんな意味がこもっているのか、どういう気持ちを伝えたくて口に出すのか。)

慣例は意味や理由があってできたものだけど、時代が進むにつれて慣例の形ばかりが重視されて、「なぜ」という最も重要な部分が置いていかれてしまった。
当たり前のように受け入れられていることに対して「なぜ、こうなるんだろう?」と理由を自分なりにつきつめて考えると、本当に重要なことが見えてくるんじゃないかな?

 

 

To be continued… (来週木曜日の対話へつづく)

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメントを残す Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください