お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

日本を見つめて

シリウス人、地球を語る -Michael of Sirius-

私:ミカエルから見て、日本人に足りないものって何?

シリウスのミカエル:
「足りない」というより、「活かしていない」ものが多すぎる気がするね。自分たちがすごい事をしているのに気づいていない。自信が持てていない。

それは教育の積み重ねが原因でもあるけれど、単純に「自信を持って生きるという姿勢」がどんなものか、みんな分かっていないんだ。周りにお手本となる人が今まで少なかったのもあるし。

でもこれからは、「お手本うんぬん」じゃなくなる。自分がどう生きれば自分らしいか、どれが自分にとって正解か、揺らぎようがないくらいはっきり確信を持てるようになる。

今日は短くてすいません。次回の対話 (来週木曜日)に続きます。

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました