お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

シリウス人と地球語

シリウス人、地球を語る -Michael of Sirius-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Mercury (皇月ノエル)です。

私にはシリウスに住んでいるお兄ちゃん「ミカエル」がいます。
彼にいろいろな話を聞かせてもらっているので、このコーナーではそれをシェアしています。
面白いと思っていただけたり、何らかのメッセージを受け取っていただけると嬉しいです。

私:素朴な疑問だけど、どこで地球の言葉、それも日本語を覚えるの?

シリウスのミカエル:
地球の言葉は多種多様で複雑です。なので時々正しくない使い方をしているかもしれません。

シリウス人は口をあまり使いませんから、地球の言葉は話している人たちを観察して覚えます。「我々がこのエネルギーでやりとりする意味を、地球の言葉ではこの単語を使って表すのか」とか。

私:へえ、意外と地道だね。

シリウスのミカエル:
我々は地球ほど物理制限がきびしくないので、柔軟にいろいろな場所へ耳を澄ませて、たくさんの人の会話を同時に聞き取ることができます。だから覚えるのも早いんですよ。

困ることがあるとすれば、我々が芯に表現したいものを表す、もっとも的確な言葉がない時があることでしょうか。そうなると1つの意味を伝えるのに遠回りをしなければならなくなって、いくつかの違う意味にとられることもあるので、もどかしい思いをします。

次回の対話 (来週木曜日) につづく

〈補足〉

この対話は、単なる私の思いつきから始まりました。
私は当初「神との対話(サンマーク出版)」や「真実のレムリア(太陽出版)」の印象が強かったために、ミカエルの方が合わせてくれて、丁寧な口調の日本語を覚えて威厳に満ちた話し方をしてくれています。

対話の後半になるに従って、お互いに慣れてきて、もっと砕けた話し方にシフトしていきます。途中でミカエルの口調が変わっていくことは、悪しからず。

また、ミカエルの言葉を覚えるスピードはめっちゃ速いです。
私も改めて文章の勉強中ですが、私の語彙力が増えると、ミカエルはその3倍くらい語彙が豊かになりました。びっくりです。

そんな感じで、次回の対話もお楽しみに!

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました