お知らせ

○最新作『ハナビシソウ』「夜遊びコンテストvol.3」に挑戦中!

1月29日に、最新作「ハナビシソウ」を公開しました!
閲覧は無料です。コチラからどうぞ!
「夜遊びコンテストvol.3 withめざましテレビ」に挑戦しています。
読んでいただくこと、コメント・スタンプをいただくことが応援になります。
サポートしていただけると嬉しいです!

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

メルカリにて、刺繍作品を販売中です!
アイテムを探しに行く

“Now I’m Here”の背景を調べてみた

QUEEN

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です。

昨日の記事に引き続き、クイーンの名曲のひとつ”Now I’m Here”についての記事です。

昨日の解釈は完全に私なりですが、時代背景などが分からないと理解できない単語も混ざっているはずですので、調べてみました。

分かったところから箇条書きします!

・クイーンは当時「モット・ザ・フープル」の前座として活動していたそうで、「フープル」の歌詞はここからきているらしい。

・当時、ニューオリンズに「ダンジョン」という名前のロックンロール・バーがあったらしい

・「ピーチ」は、有名なジャズドラマーの奥様のお名前らしい

おほほ~、そうなんだぁ。

個人的には「ダンジョン」と言われるとRPG的イメージしか湧いてこないので、ロックンロールバーにそういう店名がつくのが物珍しいです。
(そもそもバーに行ったことがない(笑)

さりげなく実在するものを盛り込んで曲が作れるなんて、天才的ですね! キーワードが多いほど韻を踏むのが難しくなるのでは……? と、私などは考えてしまいます。

聴けば聴くほど新しい発見と感動がある。クイーンの曲はスルメのようですね!

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました