お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

Why They were Healed in the forest?

ジブリ作品 -Ghibli-

Hello! This is Noel Kozuki.

After when Ashitaka met The Sun God, he thought that “My body became light.”
Why he felt like that?

I think that is because, The Sun God and the forest have healing power. The Sun Got saw Ashitaka and perhaps The God determined to heal them.

On that evidence, Rokkoh said “The pain were gone!” while they walked the forest. After they went back to Tatara, Rokkoh seemed painful again.

The Sun God who immortal entity rules life and death. So it might be spreading healing energy just it walking.

Perhaps Ashitaka and guys felt better in the forest by The Sun God passed near them.

The story of “Princess Mononoke” is shown about “Growing the forest and Breaking the forest” in contrast.
And I think, this story shouws us there is invisible energy in the forest in same time.

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました