シリウスBにお兄ちゃんがいるらしい

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Mercury (皇月ノエル)です(*´▽`*)

去年あたりから、シリウス人とのちょっとした交流がありました。


地球人たちの中には、じつは魂のルーツを他の銀河(スピリチュアル界隈では、アンドロメダ・プレアデス・シリウス等が有名でしょうか……)に持つ人たちが多いと言われています。
もし上に挙げた銀河の名前で何か惹かれる方は、そこが魂のルーツかもしれませんね!

そしてその観点からいくと、私はシリウスにルーツと縁を持っているようです。プレアデスもときめきます(^_^)♪

……さて、私の話に戻ります。
瞑想中にシリウス人たちがやってきてから、しばらく瞑想をサボっていた私。
寝る前にちょっと瞑想っぽいことをしていたら、今まで交流していたシリウス人たちの中のひとりが、個人的にエネルギーをつなげてくれました!

お名前を聞くと、「マイケル」だとか。
マイケルは、英語で書くと”Michael”となり、日本語に直すと「マイケル」とも「ミカエル」とも読めます。
ちなみにドリーン・バーチューさんは、大天使ミカエルのことを「アーキエンジェル・マイケル」と呼んでおられました。

シリウスのマイケルは、マイケルでもミカエルでも、私が呼びやすい方で呼んでかまわないと言うので、私は「シリウスのミカエル」と呼んで繋がるようにしています。
ちなみに私との続き柄を聞くと、お兄ちゃんなのだとか(!)

つい昨日のことなのですが、またシリウスのミカエルを呼んで瞑想っぽいことをしていると、ミカエルが私を巨大なカプセルみたいなものの中に入れてくれました。

イメージとしては、酸素カプセルとか、日焼けマシンとか、ああいう人間の全身が入り、「プシュー」と音を立てて閉まりそうな形のものです。

ミカエルの説明によると、このカプセルは「その人自身のエネルギーを増幅させるためのもの」なのだとか。
(使い方によっては外からのエネルギーを充填させることもできる、と今ミカエルが言ってます)

その場のエネルギーを感じようとしながらしばらく感覚を研ぎ澄ましていると、自分が大きなグリッドの中心にいるような感じがしてきました。
(イメージとしては、緯度と経度の線が描かれた地球儀の中心にいる感じです。緯度と経度の線が、薄青色に光って見えます)

そしてそのグリッドの交差しているところに、聖母さんやアレムルアを始め、私を守護してくれている存在たちの姿が見えました。
グリッドは二重か三重くらいになっているところもあり、数えきれないほど大勢の存在と縁を持っていることが感じとれました。


二重・三重に重なるグリッドの方は、遠くて相手の顔や姿がよく見えませんでしたが……。

ちなみに、そんな縁と光のシリウスのエネルギーを受け取りながら寝た翌日、つまり今日は、目が覚めた瞬間からとっても好調!
自分らしいエネルギーを持ちながら活動できている感じがしています。すごい。

しばらくシリウスのミカエルと一緒にこのワークを続けたら、もっと何かが起こるのでは? これから実験してみます(`・ω・´)

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメントを残す Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください