お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

驚異の伏線を見つけたっ!

シュガー・ラッシュ -Wreck it Ralph-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です(*´▽`*)

シュガー・ラッシュに登場するディズニーヴィランズは、レトロゲームの目立ちたがり屋「ターボ」です。

彼の正体が明らかになるのは、物語のクライマックス。

しかし実はそこにたどりつく前に、「え、ここに!?」とびっくりしてしまうような伏線が張られていたんです。

注目するのは、カルホーン軍曹とフィリックスが、シュガー・ラッシュの世界へ出発しようと話しているところ。
ここは駅のホームのような造りで、壁には数々の落書きがあります。

なんと、その中に……!

カルホーン軍曹の左側、数ある落書きの中に、「ターボ」の文字があるのが見えるでしょうか?

ターミナルはどこの世界も似た造りではありますが、なんといってもここはシュガー・ラッシュに繋がる通路。
ターボは自分の正体を隠すため、シュガー・ラッシュの世界の中では「キャンディ大王」として君臨しています。

もしかするとターボは、自分が「キャンディ大王」としてシュガーラッシュの世界にこもる前に、自分がターボであるという痕跡を残したかったのではないでしょうか?

キャンディ大王がレースに参加することはできても、それはターボ本来の姿ではありません。きっと「キャンディ大王」と呼ばれ、無理矢理に居場所を作るだけでは、満足できなかったのでしょう。

ターボの自己顕示欲が、さらりとラスボスの正体を知らせる一場面でした☆

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました