お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

自分が何者であるかを知る

シュガー・ラッシュ -Wreck it Ralph-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

 

ヴァネロペはいくら周りのキャラクターたちから「不具合」と言われても、レースに出る夢を諦めませんでした。
「自分が生粋のレーサーである」ことを確信していたからです。そしてそれは本当のことでした。

 

自分が何者であるかは、自分で決めることができます。

 

ヴァネロペの場合は、彼女がゲーム内のプログラムであるという特性上、「生粋のレーサーであり王女」という立場が決定されていました。
みんなはヴァネロペのことを「不具合」だと思いこまされていただけです。

 

 

そしてヴァネロペの偉大なところは、誰になんと言われようとも「自分はレーサーである」という強い意思を手放さなかったこと。

もしも、周囲から「不具合」と言われ続けて、不具合という立場を受け容れてしまっていたら、すべてを諦めていたかもしれません。
つまり、映画「シュガー・ラッシュ」は何も進展しなかったかもしれないということ(笑)。

 

ヴァネロペが自分の確信を信じてレースの準備をしていたからこそ、ラルフと出会うことができ、最終的にみんなの輪に戻ることができたのかもしれません。

 

 

 

しかし現実に生きる私たちは、自分で自分にプログラム(設定)を与えることができます。
私たちは「不具合」にも「生粋のプロ」になることもできるのです。

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました