お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

大事なのは受け取り方【アファーメーションを活用する】

シュガー・ラッシュ -Wreck it Ralph-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Mercury (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

 

ラルフが出席する「悪役の会」には、会の最後に全員で唱えるお決まりの言葉があります。
英語のセリフでは、”affirmation”(アファーメーション)という言葉が使われていたので、とてもときめく場面です♪

くだんのアファーメーションとは

I’m bad, and that’s good. I will never be good, and that’s not bad. There’s no one I’d rather be than me.
(僕は悪い。それは良いことだ。僕は決して良い人になれないだろう、だけどそれは悪くない。自分でいることが最高だ。)

というもの。

 

物語の序盤、これを聞いたラルフは落胆したような顔をしています。悪役をやめたいと思っているところなのですから、当然ですよね。

 

 

しかし物語のクライマックスで、実は上のアファーメーションがもう一度出てきます。
それを自主的に口に出すのは、ほかならぬラルフです。

ヴァネロペがくれたメダルを握りしめながら、”I’m bad, and that’s good…” と呟いていました。

 

ラルフは結局、最初から最後まで破壊ばかり。
それはラルフの特性であり個性です。破壊することは「悪」と思われがちです。
ラルフはここで、最期まで破壊という手段に頼る自分を受け容れたのかもしれません。
(最期と書きましたが、ラルフは死にましぇん笑)

 

ですが結果的に、ラルフが超巨大なメントスコーラを引き起こしたことにより、シュガー・ラッシュの世界に平和が訪れます。破壊が世界を救うこともありうるのです。

そして自分を受け容れたラルフは、周囲の物事もよりよくなり、とても幸せな日々を送っているよう。

 

 

アファーメーションは強力ですが、同じ言葉を聞くタイミングが違うだけで、その言葉から受ける印象が大きく変わるかもしれません。

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました