お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

過去ブログ読み返してみた(笑)

ブログ -BLOG-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

 

スピ考察記事を引っ越す事情もあり、時々アメーバでブログを書いていた頃の記事を読みかえします。

(過去記事が気になる方は、ぜひコチラから☆)

当時の自分の……なんと恥ずかしいこと!(あるある?)

 

 

当時はそれなりに上手く書いていたつもりだったし、もちろん「読みやすいブログ」について、自分の感覚を信じて学んでいました。

でも今読み返すと、
「これ、こっちの表現の方が伝わると思うけどなぁ」
「無駄にテンション高いなぁ……」
「なんで上から目線やねんwww」
みたいなことが多くて、セルフ突っ込みしながらお引越ししてます(;´∀`)

 

というより、そろそろお引越しじゃなくて、改めて考察記事を書いた方が良いのでは? というところまで来つつある……。

 

 

私のアメブロ「Endless Magic∞」はまだしばらく残しておくつもりですが、今とはだいぶ雰囲気が違うことに、自分でびっくり。

もしかするとこの文章さえ、数年後に読むと「何やっとんねん……」と思うのかしら?(;´∀`)

 

 

ともあれ、当時も今も頑張っていることには変わりなし。

それに、文章の甘さ、設定の甘さ、後から読み返した時に「なんだこの表現は。分かりづらい」と感じることは、何もブログに限った話ではありません。

私の場合、小説でも往々にしてこれが起こります。だから今更驚くことではありません。
恥ずかしいことは恥ずかしいけどね(笑)。

 

けれども当時の自分も頑張っていたし、物語を最後まで書き終えた達成感と自信で、誤字脱字を見逃してしまったり、この表現が完璧だ! と思いこんでいる面もあるのです。

それは書き終えた直後に、どれほど目を皿のようにして見直しをしても気づけない(気づけよ)。

 

 

ともあれ、後から読み直した時のセルフ突っ込みと手直しは容赦しません( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました