上の人に好かれる秘密

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Mercury (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

 

さつきとメイは、ことあるごとにトトロやねこバスなどと関わり合い、助けてもらう機会を得ています。

それには、こんな秘密があるんじゃないかな? という考察記事です(^_^)

 

 

「トトロ」の作中には、時々「神社」や「お地蔵さん」が描かれています。

そして、それらの精神的なものに接する草壁家(さつき一家)の態度は、とても礼儀正しものですよね。

 

 

メイがトトロに会った直後、お父さんは姉妹を連れて、隣の塚森へと「ごあいさつ」に向かいます。

塚森にあるのはお隣さんの家……ではなく、小さな神社と、立派なクスノキのご神木です。

お父さんは「ずっと昔は、木と人は仲良しだったんだよ」というメッセージ性のあるセリフを口にし、「メイがお世話になりました。これからもよろしくお願いいたします」とごあいさつ。

両脇に立った姉妹も、「お願いいたします」と丁寧に頭を下げます。

 

 

 

さらに、学校からの帰り道で大雨に降られた時、さつきとメイはお地蔵さんがまつってある小さなお社に雨宿りに入りました。

その時、さつきは人心地をつけたらすぐに、お地蔵さんにむかって両手を合わせていました。

「お地蔵様、ちょっと雨宿りさせてください」

両手を合わせてお願いするのを、すぐにメイも真似します。

 

 

こういう丁寧な行いができるのは、きっと普段からそうするようにと教えられているからに違いありません。

そして神仏を敬うことの大切さを教えたのは、きっとお父さんとお母さんでしょう。

 

 

 

 

いちばん大きな話をすれば、「究極の存在」みたいな創造主からすれば、創りだされたすべてのものが自分の愛する存在達(無機物も含める)ですから、存在の根底には愛があります。

 

ただ、もう少し私たちに近いところに視線を落としていくと、やはり「感謝」や「尊敬」というのが大切な感情になってくるのです。

 

私たちも何かをしてあげた時に、「ありがとう」とか「助かったよ」と声をかけてもらえると、とっても嬉しい気持ちになりますよね。
加えて普段から誰かに気にかけてもらえたら、その人に対して好意的な感情を持つようになると思います。

 

上の人たちも同じです。

 

私たちを見守ってくれている守護霊、守護天使……etc. などの多様な存在たちは、常に私たちを見守ってくれているといわれています。

彼らは私たちの求めに応じてあれこれと助けてくれます。物理的な肉体を持っているわけではないので、感謝を示すためにお金を払ったりはしません。
(神社のお賽銭は、気持ちをお金に込めるものなので、また少し事情が違うと思います)

彼らにとって一番嬉しいのは、「ありがとう」と感謝の言葉や気持ちを送ってもらうこと。

 

 

してもらったことに対してお礼を言ってくれる、それが嬉しい。そんな気持ちは、上の人たちも同じなのですね。

 

上の人たちには差別などはありませんが、やはり気持ちとしては、自分たちのことを気にかけ、上の人にも他人にも「ありがとう」他ポジティブな言葉を多用するような人の方が、波動が高いので守護につきやすいと言われています。

 

 

 

神仏を敬うことは、上の人に敬意を表すこと。果ては今を生きる自分を敬うこと。
それを感じた上の人が、頑張って生きる私たちを可愛く思って助けてくれる。

もしかすると、上の人との関係とはそういう側面も持っているのかもしれません。

 

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメントを残す Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください