最近の話

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)
久しぶりに、日本語での記事投稿です♪

 

 

しばらく映画の考察にいそしんでいたので、今日は個人的な近況報告を……。

 

スピリチュアルなことを発信している方々のブログで、よく目にする内容があります。
それは、2018年の上半期が、「自分の人生を見直す時期・手放しの時期」であるというような話。

 

以前の記事でも書きましたが、

宇宙の流れに微妙に乗れていなかったのは過去の私で、最近は(意図せず)流れの中にいます。

 

 

そんな手放しの流れの影響を受けたのか、気持ちが暗黒時代レベルに落ちこむような出来事が、8月下旬から10月上旬にかけてたくさんありました。

 

 

 

まず、父と一悶着があり、「トラウマが蘇っちゃうから、一緒にごはん食べたくない」宣言をした結果、家族仲が険悪になったり。

半年間、友人に言われた言葉を気にして自分と向きあい、対応を検討した結果、相手に暴言を吐いて謝ったり……。

今まで溜めていたトラウマを吐き出そうとしたら、「自分の世界は自分の思考の反映なんだから、自分の受け取り方次第でしょ」と突っぱねられたり。

翌日に古本屋で「トラウマ返し」についての本を見つけ、親に読んでもらって自分の考えを分かってもらったり……。

 

 

自分の中で決着がつけば一番ですが、どうしても人に話したくなる時だって、誰でもあるはず。

話す=放すという考え方すらあります。

 

 

手放したい気持ちになった時に、近くに「うがぁっ!」って暴れてても温かく支えてくれる人と、気持ちを理解しようとしてくれる親がいるのはありがたいことですね。

 

 

「親はありがたいものだから」と頭で理解しようとしても、感情がついてこなければ本当の意味での感謝は難しい。

大人になってからも我慢して我慢して、親の介護をする段になってからトラウマが噴出すると、もう親の世話なんて無理でしょう。相手への精神的暴力に発展しそうです(私の場合)。

……と、理解を示してくれた親への感謝を書きつづる私も、また何か起こったら「あいつらめ」って思う時がまたくるかもしれませんが(笑)。

 

 

人間の精神的成長は、らせん状だと読んだことがあります。
その時の段階で、成長項目をクリアしていくのだそうです。

項目は人それぞれ。
私の場合なら、「豊かさ(お金)」「恋愛(愛情)」「理性と心のバランス」「固定観念との折り合い」などでしょうか。

それらを、その時に成長できる段階までクリアして、また次に進む。でもしばらくすると、また同じ課題にぶつかる気がする。
それは、らせん階段を上っているから、同じ課題にまたぶつかったように見えるだけなんだそうです。本当はちゃんと進化しているらしいですよ。

イメージ的には、小学1年生では足し算と引き算まで習って、2年生とか3年生とかで、ようやく四則演算をマスターする感じかな?

分野としては同じ「さんすう」ですが、たたの1年間で、算数のすべてを教えこもう、覚えようとはしません。学校の勉強は五教科をくるくる回りながら進んでいきます。

 

 

もちろん、エネルギーの面では波動が下がればディセンション(エネルギーが下がっちゃうこと。アセンションの対義語)をするときもあるけど、成長した時に感じた波動の高さって忘れないし、戻ろうと思えばいつでも戻れる。
そしてもっと高みに行くことだって。

 

 

……と、思いつつキーを打つ今日このごろ。

 

 

 

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

 

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください