お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

「クリストファー・ロビン」とは

くまのプーさん -Winnie The Pooh-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

 

100エーカーの森に久々に戻ったクリストファー・ロビンは、懐かしい旧友たちと再会します。

しかし最初、彼らはクリストファーのことを、ハチミツを盗む怖いおばけ「ズオウ」と勘違いします。

 

プーは背が伸びても、しわが増えても、クリストファー・ロビンのことが分かったのに、どうして他のみんなにはズオウに見えてしまったのでしょう?

みんなは、外見を見て怖がっているのではありませんでした。

 

 

再会の序盤に話題になっているのは、「クリストファー・ロビン」という、人名を越えた存在についてです。

100エーカーの森に帰ってきたクリストファー・ロビンは、確かにクリストファー・ロビンという名前の人間です。

 

しかし、かつてはみんなと一緒に遊んでいた、見えないものを見る想像力に蓋をしていました。

それで、ズオウを怖がるみんなを見て「ズオウなんて想像の産物だ、本当はいないんだよ」
と言い放ちます。

それを聞いたラビットたちは、「クリストファー・ロビンならそんなこと言わない。お前、やっぱりズオウだろう」と言います。

 

この「クリストファー・ロビンなら」という言い方がミソ。
クリストファーからすれば、自分の名前はクリストファー・ロビンであり、子どもの頃に100エーカーの森で遊んでいたのは間違いなく自分です。

しかしラビットたちは、そんな薄っぺらい話をしているのではありません。

 

ラビットたちが言う「クリストファー・ロビン」とは、想像力に溢れていて、プーの夢に出てきたズオウを本当にいると信じ、罠を作って安心させてくれるような人です。

決して「それはただの夢だよ」とは言いません。
それが、ラビットたちの覚えているクリストファー・ロビンです。

 

 

 

そしてもう1つ。
プーは友達がいなくなった時、クリストファー・ロビンなら、みんなの居場所を知っているだろうと考えました。
クリストファー・ロビンはそれを聞いて、「もう何年も100エーカーの森に行っていないのに、どうして僕に分かるんだい」と言いました。
プーは答えました。
「だって、君がクリストファー・ロビンだからさ」
これも、ラビットたちと似たような意味合いですよね。

 

100エーカーの森は、クリストファーの想像が生み出した世界です。
プーはクリストファー・ロビンを頼りにしてきたし、クリストファー・ロビンは何か問題や冒険が起こるたびに、解決策を考えてきました。
プーにとってクリストファー・ロビンとは、「僕が知らないことをなんでも知っている人」なのではないかと思います。

言うなれば「ただの子ども」であったクリストファー・ロビンが、なんでも知っている存在になれたのはどうしてか?
それは100エーカーの森が、彼の創造性を発揮した世界だったからです。彼の世界なんです。

それは大人には分からず、一見、何の役にも立たなそうだとしても、重要な意味があります。

 

想像力こそ、私たちみんなが持つ強い力だからです。想像力を発揮するクリストファー・ロビンは、本来の姿に最も近いことをしているのです。

 

ラビットやプーたちは、クリストファーが忘れてしまった、「クリストファー・ロビンらしいクリストファー・ロビン」を覚えているのでした。

 

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました