お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

文学賞の進捗について【お知らせ】

小説

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

先日、「文学賞で1次選考を通過しました!」ということをお知らせさせていただきました♪
http://noelkozukiarinomama.com/2018/07/16/step-up-jp/

 

先日サイトを確認しましたら、第二次、第三次の結果も掲載されていました!

 

 

Noel Kozuki (皇月ノエル)、
第三次選考を通過できず……!(*´Д`)

 

でも、さかのぼって第二次選考を見たら、そこには2作品のうち、片方の名前がありました!

 

 

結果としては残念に見えるかもしれませんが、私はあんまり落ち込んでないのが本音です。

だって、二次選考を突破したのが初めての経験だったからです。

それは確実に成長しているということだし、ちゃんと自分の作品が評価されているということ。

 

こういう「選考モノ」って、タイミングや審査員、そして文学賞との相性があると思っています。
審査員との相性は、宇宙兄弟が顕著ですよね(私はなんだかんだ言って、ムッちゃん推しです☆)。

それと同じで、まだ私が有名になるタイミングじゃないのかも。
でも、確実にステップアップはしているよ。これからも頑張りなさい。
上の人からそう言われているような気がして、とってもポジティブになっちゃいました♪

 

今まで、あんまり上位に残れた経験が少なかったので、「私の作品はどこで評価してもらえるんだろう……」という迷いや焦りがあったのも事実。
けれど今回の経験から、「上手いところに出せば認めてもらえる!」と自信もつきました。

 

これからも頑張っていきます!(`・ω・´)

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました