お知らせ

○審査員奨励賞受賞作「紙の森」好評発売中!

第17回星の砂賞にて審査員奨励賞を受賞した短編「
紙の森」が、Amazon Kindleにて好評発売中です。
Unlimitedにご登録の方は無料でお楽しみいただけます。
商品詳細はコチラから♪

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!

1, 多賀城「まったりmarche」さん

多賀城八幡のお店に作品を置かせていただいています。
詳細はコチラの記事をごらんください。

2, メルカリ

商品の一部はメルカリでも出品中です。
アイテムを探しに行く

直したいマインドのクセ

生き方の話 -Life Styles-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Mercury (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

 

前々から気づいていたんだけど、最近になってますます思うことがあります。

……私って、感覚無視するの得意だなぁ……(´・ω・`)

 

 

生まれ持った男性性の(時にアンバランスな)強さなのか、
ぴりぴりした場面でも、結構がんばれちゃう。

 

でも「頑張れちゃう」のと「全然平気」との間には天と地以上の差があって、何か気持ち的に緊張しなくちゃいけない場面の後には、ほぼ必ず気疲れしている自分がいるのです。

 

「できる」と「楽しくできる」は違うということですかね。

 

ぴりぴりした場面、戦闘的な場面に入ると、全自動運転で女性性的な感覚がストップ。
というか、心のすみっこに隠されるのが、最近自分の中の雰囲気として分かるようになってきた。

 

それで、本当は「ええー、こんな重い雰囲気嫌や。早く帰って王子と仲良しメールしたい」とかって思ってるのに、平気なフリ。

そしてあとで家に帰ってから気疲れを起こす。さっさと寝ることになる(他のことをやる体力がなくなっている)

 

 

うーん。どうしたものか。

 

これは重い空気の場所や、張りつめた雰囲気の場面だけに言えることではなくて、誰かからひどく傷つくことを言われた時とかもそうなんです。

なぜか、その場を穏便に済ませようという意識が働いて、当たり障りのない反応をして終わる。
そして後から、「思った通りに、ああ言ってやればよかったのに!」と悔しがる。
ためた言葉は内側で腐る。

ちなみになぜか自分の理性も敵に回ることがあって、そうなると誰も味方になってくれないので大変です。いつもは確固とした自分軸が、もろくも崩れ去ってしまう。

 

理性偏重な人間の課題かもしれません……頑張る。

 

 

 

そしてこれからは、できるだけ自分の感覚から目を背けないようにしていこう! と固く心に誓う(何回目(笑)。

一度にできるようになるような無理はしないけど、いざって時にすぐ思い出せるように。

 

 

I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました