お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

應援團長で、取材係で、会長代理!

ブログ -BLOG-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

 

去る2018年6月16日、私は久々に新幹線に乗車し、東京へと向かっておりました……。
どこへ行くのかというと、同窓会の支部総会に出るためです!

 

我らが仙台三高の同窓会は「尚志会」というかっこいい名前がついていまして、
地域ごとの「東京支部」「塩竈支部」
そして職業ごとの「職域支部」というものがあります。警察官の三高OBOGや、教員の卒業生の集まりです。

 

その中でも6月16日には、東京支部の総会と懇親会が行われていました。

 

 

詳しい感想は、ぜひ尚志ヶ丘倶楽部に投稿した私の別記事をご一読ください♪

2018年 東京支部総会♪

 

 

総会がわずか20分で終了する驚きや、
フェンシングで頑張っておられる狩野愛巳先輩に応援金が贈られる感動と応援の場面など、印象的なシーンがたくさん。

 

会場全体もとてもアットホームな雰囲気で、2時間が文字通りあっという間に過ぎていきました。

 

 

私は会長代理&取材係&應援團長ということで、
会の序盤にはご挨拶と乾杯の音頭をとらせていただき、
歓談の時間にはさまざまな方とお話しさせていただき、
懇親会の最後には、校歌・応援歌の演舞をさせていただきました!

 

嬉しかったのは、ご挨拶の時に「第49代應援團長の」と自己紹介した時に、会場から「おおー!」と声が上がったこと。
そうです、應援團にも女性が入団しているのですよ(^_-)-☆

そして、応援歌の演舞をするときの、應援團式の発声をした際にも、「おお」という声が聞かれたこと。

 

人に驚いてもらえるのが嬉しいのです(*´▽`*)
応援歌が終わった後には、「感動しました」と握手を求めてくださる方がおられて、私はとっても嬉しかったです!

 

 

初めて参加する場なので、人見知りな私は緊張しましたが、東京支部の先輩方は親しみやすい方々ばかりで、とても温かく迎えていただいたと感じています。
本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました