嘘に死ぬ

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

 

 

 

スカーの一生は、嘘にまみれています。

 

 

王になりたいスカーは、本当は甥っ子のシンバが憎らしいのに、シンバが子供のころは、可愛がっているふりをする。
可愛がるふりをして殺そうともしました。

 

嘘をつくことに慣れていたのかもしれません。

嘘は自分の首を絞めます。

 

 

帰ってきたシンバとの戦いで、スカーは追いつめられます。
その時にスカーは、後先考えない嘘をついてしまうのです。

もう後退れない崖の上で、なんとか「自分は悪くなかった」というふりをしようとする。

口をついて出たのは、「俺は嵌められたんだ。ほら、悪いのはハイエナたちなんだよ」

スカー最大の不幸。

炎の壁の向こうで、ハイエナたちがその言葉を耳にしていたんです。

 

 

そして、シンバももうスカーの言葉に騙されるほど素直ではありません。
スカーはシンバに負けて崖を転がり落ち、その先でハイエナたちに囲まれます。

食に飢えたハイエナたちは、もう味方ではありませんでした。

 

 

 

 

I wish you all the best!

コメントもよろしくお願いします! Please Comment Here!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください