お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

大事なのはワクワク!

ピーターパン -Petter Pan-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

 

ディズニー『ピーター・パン』の1作目。

 

 

ウェンディ「でもピーター。ネバーランドへはどうやって行くの?」

ピーター「飛んでくに決まってる!」

ウェンディ「飛ぶ!?」

ピーター「簡単さ。どうすればいいかっていうと……。言うと……。八ッ。困ったな」

ウェンディ「どうしたの? ダメなのね?」

ピーター「違うんだ。でも今まで考えたこともなかったからさ……」

 

 

っていうやりとりがありますよね。

(セリフは記憶をもとに書いてます。ちょっと違っていたらごめんなさい(;´∀`)

ちょっと考えた末にピーターが出した結論は

 

 

楽しいことを考えればいい!
ということでした。

 

それに従ってあの3姉弟は
クリスマスのおもちゃ
ソリとか雪

いろいろ思い浮かべます。

 

 

まあ本当に飛ぶには「妖精の粉」も必要なんですがね(笑)

でね、私はここで思った。

今まで考えたことがないものを人に説明するとき

パッと「楽しいことを考えれば良い!」って思いつくなら

 

ピーターの頭の中は
ワクワクでいっぱいなんじゃないか!?

 

つまり、きっとピーターが軽々と空を飛べているのって

頭の中が
「楽しいこと」
「冒険心」
「好奇心」に溢れているから。

 

 

わくわくを感じた時の、あの高揚感。

そして妖精の粉が結びついて、浮力が生まれるんだろうなーと思うのです。

確かにものすごくワクワクしている時って

そのまま飛び上がれそうですよね♪

ウォルトディズニー、天才だ!

 

 

 

I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました