お知らせ

皇月ノエルはこんな人

光と音に敏感な「繊細さん」(HSP)。小説家をしています。
コチラの記事で自己紹介しています
↓こんな感じの作品を書いています。
すべて短編です↓
(作品タイトルをクリックすると、作品ページに飛びます)
「第17回星の砂賞」審査員奨励賞受賞作「紙の森」
――悲しみから、朝が芽生える。
「ハナビシソウ」
――知らなかった。先祖が僕を見守っているなんて。
「もがり」
――これだけは覚えておいてね。私が、ずっと君を好きだっていうこと。
星の彼方から君を愛す
ご一読いただけますと嬉しいです。

BOOTHにて作品販売中!

ハンドメイド刺繍作品は、メルカリからBOOTHにお引越ししました。
小説、TRPGシナリオも今後追加予定です。
商品を探しに行く

え……育ててる!?

肩にニワトリを載せたフィップス Phipps with chiken 黒執事 -Black Butler-

こんにちは! スピリチュアル作家のNoel Kozuki (皇月ノエル)です(*´▽`*)

 

最近、黒執事のブームが再燃!
改めてコミックを買いそろえていたら、気になる場面がありました。

それがこちら。
肩にニワトリを載せたフィップス Fipps with chiken

 

緑の魔女編の一幕なのですが……どうして、フィップスの方にニワトリが載ってるの?

 

しばらくの間、私はその理由が分からずにいました。
でもある日突然「ああああ!」とひらめいた。

 

これは、「あの時」の!

 

「あの時」とは、コミック14巻に収録されている、イースターイベントの一話。
坊ちゃんとセバスチャンのペアをぎりぎりまでおいつめたWチャールズは、渡された卵が(偶然)有精卵だったせいで、エッグハントに敗北してしまいます。

その時、生まれてきたヒヨコをフィップスが可愛がっているんですよね。
ヒヨコをかわいがるフィップス

 

ささやかなシーンなんだけど、この2つのシーンがつながった時、私はぴんときた。

フィップス、あのヒヨコ育てたんだ!
しかも、ニワトリが肩に載るなんて、すっごく懐かれてる!

 

もともと「いい奴なんだろうなぁ……」と思っていたフィップスでしたが、
彼の良いところをまた発見した気分です( *´艸`)

 

 

 

I wish you all the best!

コメント

タイトルとURLをコピーしました