最新のお知らせ

○審査員奨励賞をいただきました!

「第17回星の砂賞」にて、審査員奨励賞を受賞しました。
受賞作はAmazon Kindleにてお読みいただけます。
審査員奨励賞受賞作 「紙の森」
詳細は上のリンクからご覧いただけます。

○ハンドメイド作品 好評発売中

刺繍作品を販売中です!
メルカリさんに繋がります。
アイテムを探しに行く

今日の走り書き

「面白い人」であること

大好きな後輩といろいろおしゃべりしてきました(^_^) いつも学ばせてもらうこといっぱい、目を開かれることいっぱいです。
今日の走り書き

よるはポジティブ

寝る時間が近づくとハイになります。 今感じていることを書いてみました。
今日の走り書き

「無意識のうちに人に合わせる」から脱しつつある話

苦手な人も「先輩だから」という理由で仲良くしてました。 これからは自分が「一緒にいて楽しい」と思える人との繋がりを大切にしていきます。 慣れって恐いね。
本の話

買った本が思ったほど良くなかった時に考えること

先日、本を買いました。3000円に届くくらいする分厚い本で、専門的で役に立ちそうだと思ったからです。 表紙もお洒落だったし。レビューも絶賛してたし。 でも……。いざ読み始めてみたら私にとってはあまり役に立たない本だったことが分かりました。 なかなかこういう経験をしたことがないので、とても悔しい。 でも「せっかくだから、この経験も記事にして残しておこう」と思ったわけなのです。
本の話

【仮面病棟をネタバレなしで絶賛したい】真犯人は誰だ!最後まで分からない謎解きがすごい

小説版も読んでみると、あらたな視点から物語を楽しめるのではないでしょうか? 映像では、人の内面を表すことに限界もあるからです。 その点文章なら、映像とは違った没入感が味わえます。 主人公・秀悟の体感の描写から、より共感的に物語を楽しむことができるのです。 映画を観た人、これからの人、少し興味があるというくらいの人。 すべての人に、小説版をものすごくおすすめしたい気持ちでいっぱいです!
今日の走り書き

カフェイン過敏【コーヒーで具合が悪くなってしまった話】

世の中には、「カフェイン中毒」とか「カフェインアレルギー」など、カフェインを多量に摂取するのが危険になる人もいるようです。 コーヒーを否定する意図はまったくありません。 私とて喫茶店でバイトしていたことはあるし、コーヒーの香りはむしろ大好き。 ただ、それを口に入れるのは控えた方が良さそう、というだけの話です。
本の話

喫茶店を仕事場として使う方法【15分あれば喫茶店に入りなさい】

かつての私にとって、喫茶店は「友達とおしゃべりを楽しむ」ところ。 気が散ってしまうので、仕事や作業には向かないと思っていました。 でも、喫茶店を仕事場として使うやり方を教えてくれる本に出合ったのです。
文章を書くこと

「言葉を尽くす」ということ

文章を勉強しようと思って小説を開くと、作者さんそれぞれの表現に出会うことができて大変面白い。 さらには「こうすれば分かりやすいのか」「こういう書き方があったのか!」と目からうろこが落ちる瞬間がありすぎて、一時的に語彙力を失いそうになります(笑)。
文章を書くこと

万年筆との付き合い方【メリット・使用感・価格まで】

そもそも万年筆を使い始めたきっかけは「かっこいい」から。 小説家には、着物と羽織を着て、キセルをふかしながら万年筆を持つイメージがありました。 タバコはやっていませんが(笑)、万年筆はかっこいい。 せっかくだし使ってみたい! がスタートです。
今日の走り書き

芸術性の充満

先日、縁あってとある高校の卒業制作展を見に行ってきました。 その高校は、「美術・デザイン科」なるものがあるそうで、芸術に特化しているらしい。 しかも卒業制作展の会場は美術館。 一体、どんなすごいものが見られるんだろう? とてもわくわくして美術館に向かいました。
タイトルとURLをコピーしました